中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

    タグ:iPhone

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2019年9月26日洞 カナダ・トロント大の研究チームは24日、中国のハッカーが、米アップルのiPhoneのセキュリティーホール(システムの欠陥)を利用し、海外亡命中のチベット人のスマートフォンに侵入していたとする研究結果を発表した。ニュースメディアの香港01が25日伝えた。(写真は香港01のキャプチャー)

     リポートによると、チベット人は通信内容を窃取できるマルウエア(悪意のあるソフトウエア)を埋め込まれ、位置情報、連絡先、通信記録、ショートメッセージなどのデータを盗み取られていた。データはハッカーの指揮所に送られていた。中国当局が、少数民族への監視を強化していることが明らかだという。

     アップルの広報担当者は「マルウエアは、セキュリティーソフトを更新していれば、効果を発揮できない」として、ソフトウエアを最新版に更新するよう呼びかけた。

     米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、米グーグルのサイバー・セキュリティー担当チームもこのほど、iPhoneのセキュリティーホールを通じ、マルウエアを埋め込まれる危険性を指摘した。

     海外ウイグル人組織の世界ウイグル会議によると、ウイグル人の間では、セキュリティー管理の厳しさを理由にiPhoneの愛用者が多い。しかし、中国はiPhoneのセキュリティーホールを使い、ウイグル人を追跡している。


    ★参考情報★
    ーーーーーーーーーーー
    中国ハッカー軍事海事情報を窃取か 米専門会社がリポート
    中国のサイバー攻撃急増 米中サイバー合意既に無効
    米司法省、ハッカー集団「APT10」所属の2人起訴 日本含む各国で情報窃取

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     2018年11月16日工16日付香港紙・蘋果日報(電子版)によると、広東省恵州市の香港系光学機器メーカーの工場前で9日から、8000人の整理に反発し従業員の抗議デモが行われている。デモ参加者は一時、従業員と家族ら約1万人に膨らんだ。(写真は香港紙・明報のキャプチャー)

     メーカーは、スマートフォン用モニターで世界最大級の香港資本の伯恩光学(広東省深セン市)。米中貿易戦争と、米アップルがiPhone(アイフォーン)向けの発注を大幅に減らしたため人員整理に踏み切り、派遣会社に労働者の引き上げを求めた。 従業員は9日から工場を取り囲み、補償金の支払いを求めた。いずれも派遣労働者という。一部は、10月の賃金が未払いだと主張している。警察が機動隊を派遣して警戒に当たった。

     アップルから受託生産している金型メーカーの偉創力塑膠科技(深セン市)も、受注減少を理由に、従業員に対し今月12日から来年2月1日までの「休暇」を命じた。従業員は事実上の人員整理と受け止めているという。

     EMS(エレクトロニクス機器の受託製造サービス)世界最大手、台湾・鴻海精密工業傘下の富士康科技集団(フォックスコン、深セン市)でも、アップルからの受注が減少した。

     香港貿易発展局のエコノミストは「伯恩光学は、米国の制裁関税リストに含まれず、米中貿易戦争と直接の関係はない」と指摘。しかし、世界的なスマートフォンの販売低迷と、中国国産スマホの人気上昇がiPhoneの売れ行きに影響し、受注減少につながったとの見方を示した。

    ★参考情報★
    ーーーーーーーーーー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     AP通信によると、トランプ米大統領は7日、2670億ドル相当の中国製品に制裁関税を課する計画の準備を始めたと発表した。米大統領は同日、先に発表した2000億ドル相当の中国商品に対する最高25%の制裁関税の発動がまもなく決まるとも述べた。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。

     米国は500億ドルの中国商品に対し25%の制裁関税を実施済み。米商務省は、2000億ドル分の制裁関税について対象商品に関する意見公募を6日までに終えた。手袋や自転車など一般消費品が含まれており、米国の小売店と消費者の支出を増やすとの懸念が出ている。

     米公共放送ボイス・オブ・アメリカ中国語版によると、米アップルはコメントを発表し、制裁関税の対象製品の中に自社のアップルウォッチとエアパッドが含まれていると指摘して、制裁関税が発動された場合の値上げを示唆した。コメントは、最も人気がある商品のiPhoneには触れていない。

     中国も米国に対し、600億ドルの米国商品に対する報復関税の適用を警告している。

    ★参考情報★
    ーーーーーーーーーーー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     米アップルのiPhone(アイフォーン)などを生産する、台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業傘下の富士康科技集団(フォックスコン)の河南省鄭州市の工場が、実習生の学生に11時間もの長時間労働をさせ、中国の労働法に違反していたことが分かった。フォックスコンは、実習生の残業を既に禁じたと説明している。英BBC放送中国語版などが23日伝えた。

     英フィナンシャル・タイムズ紙によると、鄭州工場では人手不足からiPhoneXの生産が遅れため、今年9月から学生の雇用を始め、地元の専門学校が3000人を受け入れた。学校側は、就業体験を得るための義務的な実習だと説明している。

     専門学校生によると、中国は学生の残業を禁じているのに、1日の労働時間は11時間に及んだ。それでも教師は「残業時間が少なすぎる」と学生を叱ったという。

     専門家によると、フォックスコンは過去10年余り学生を使用しており、地元政府が支持している。河南省教育庁は専門学校にフォックスコンと労働契約を結び実習を行うよう求めている。

     フォックスコンは22日「実習生に残業させないようにようにした」と説明。アップルも「学生の残業が発覚後、迅速に行動した。学生の実習は最多でも8時間だ」と語った。

    このページのトップヘ