中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

    タグ:大雨

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    22021年5月11日氷 貴州省気象局の10日の発表によると、同省では9日から長順、黔西など37県で大雨、27県で直径4ミリのひょうが降った。省都の貴陽市でも、ひょうと大雨で市内各所の道路が冠水。車で通行中だった200人超が立ち往生し、消防がゴムボートを出して救出に当たった。ニュースサイトの騰訊網が10日伝えた。(写真は百度のサイト画面)

     湖北省武漢市でも10日、雷雨と強風、ひょうの大荒れの天気となった。雨量は30~50ミリ。同市は厚い雨雲に覆われて、昼間でも薄暗くなった。また、国有鉄道会社の中国鉄路武漢局集団によると、大雨と落雷のため鉄道の電気設備が故障。京広線、京広高速鉄道などの幹線鉄道で列車が遅れた。

     毎日経済新聞によると、中国南方地区の貴州、湖北、湖南、安徽などの各省で10日から3日間、強風や伴う大雨が降る見通し。一部地区ではひょうも予想されている。

     国家家減災委員会なども先に、5月の自然災害のリスクについて検討し、南方地区は増水期に入り水害が多発する恐れがあると警告した。

    ★参考情報★
    ーーーーーーー
    強風で下敷き、11人死亡1 漁船員9人行方不明 江蘇南通
    北京で強風と砂嵐=今年4回目、さらに反復の恐れ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     5日付中国紙・環球時報によると、応急管理省は、今年7月に中国各地で起きた水害による被災者は3817万7000人、死者と行方不明者は56人で、299万6000人が避難したことを明らかにした。倒壊家屋は2万7000戸、損壊家屋は24万戸で、直接的な経済上の被害は1097億4000万元(1兆6700億円)に上った。
     
    同省によると、7月に全国の広い範囲で6回の大雨が降り、平均雨量は平年の同期に比べ8.8%多かった。長江流域の降雨量は平年の同期より57.2%多く、1961年以降で最多。淮河流域では31.6%多かった

     安徽、江西、湖北、湖南の国の観測所46カ所で7月は、1日の雨量が記録的なものとなり、うち20カ所では過去の記録を更新した。長江中下流、洞庭湖、ハ(番におおざと)陽湖、大湖、淮河上中流の各地で激しい洪水が起きた。

    ★参考情報★
    ーーーーーー
    国土の6分の1が冠水 指導部も食糧不足へ危機感

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     2020年7月17日水中国南方地区で続く大雨のため、重慶市の各地で水害と土砂災害が起きている。江蘇都市網によると、同市開州区敦好鎮で16日午後4時ごろ、大雨が原因による山崩れが3件相次き、2人が死亡、4人が行方不明になっている。(写真は東網のキャプチャー)

     重慶市開州区では16日未明から大雨となり、一部で雨量が100ミリに達した。区内の多数カ所で土砂崩れや道路の崩落が起きた。敦好鎮では山崩れで家屋が倒れるなどして死亡・不明者が6人に上った。警察や消防が不明者の捜索を行っている。

     ニュースメディアの中国新聞網によると、重慶市の当局は16日午前、同市開州区を流れる南河が警戒水位を超えて氾濫する恐れがあるとして警報を出した。

     重慶市万州区でも15日午後5時ごろから激しい雨が降り、雨量は16日午前11時までに50~100ミリに達した。市街地が多数カ所で冠水している。16日午前の時点で、8388人が家屋の倒損壊や浸水の被害を受けた。万州区内の内渓河や五橋河に氾濫の恐れがある。
    長江上流で洪水のピーク形成 武漢で水害の恐れ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     ニュースメディアの中国経済網によると、湖北省では7月4日以降の大雨で水害や土砂災害が拡大しており、当局によると8日午後4時までに、武漢や黄石、宜昌などの12市・州で348万8500人が被災し、13万0800人が避難したことを明らかにした。

     当局によると家屋の倒壊は733戸、深刻な損壊は1116戸、一般的な損壊は2168戸。直接の経済的な損失は44億5900万元(約682億円)に上った。

     澎湃新聞によると、江西省当局によると、同省では6日から始まった洪水で218万1000人が被災し、15億元を超える被害が出た。江西省では、8日午前8時から午後4時までに、25県で100ミリを超える雨が降り、多数の河川やダムが警戒水位を超えた。

     新京報網によると、中央気象台は10日午前6時、大雨で3段階で上から3番目の黄色警報を引き続き発令。11日午前8時までに、江西、湖北、湖南、安徽、浙江など長江流域や四川、貴州、福建の各省で大雨が降るとの予報を発表した。うち江西や湖南の一部では雨量が100~150ミリに達する見通しだ。

    ★参考情報★
    ーーーーーーーー
    湖北で水害深刻化、198人万被災 ダム放水も原因か
    長江三峡ダムが放水 武漢など中下流都市に水害の恐れ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     2020年6月26日雨香港メディアの東網によると、貴州省など中国南方では25日も大雨が続き、被災者は広西や広東など26省・自治区・市の延べ1256万人に拡大し、計約63万9000人が避難した。(写真は新浪網のキャプチャー)

     貴州省黔南州恵水県では、一部の町で連日大雨が降り、24日には浸水により道路が寸断され、電気と通信が中断した。住民多数が自宅に取り残され、25日未明までに、武装警察が243人を救助した。

     雲南省盈江県では24日、山崩れで民家多数が倒壊。地元当局は25日、住民3人が行方不明になったと明かした。

     水利省によると、今年に入り全国の豪雨は既に20数回で、2013年以来7年ぶりの多さ。16省・自治区の河川198本で水位が警戒レベルを超えた。

     一方、山西省長治市は24日、荒れた天気となった。平順県では豪雨とひょうが降り、同日夜までの雨量は115.3ミリに達し、県都が冠水した。山西省の大部分でも豪雨や雷、ひょうなどの激しい天候となり、当局が洪水や土砂災害への注意を住民に呼びかけた。

    ★参考情報★
    ーーーーーーー
    重慶で80年ぶり洪水 4万人被災、10万人が避難

    このページのトップヘ