中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

    タグ:北京首都国際空港

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     2019年8月28日飛北京市の北京首都国際空港の第3旅客ターミナルの駐機場で27日午後4時ごろ、中国国際航空の北京発東京行きCA183便のエアバスA330ー300型機の貨物室から煙が上がり、乗組員が消火作業を行った。当時、乗客の搭乗が始まっていたが、全員が避難し、けが人はなかった。ニュースサイトの新京報が27日伝えた。(写真は易網のキャプチャー)

     CA183便は午後5時10分に同空港を出発し、東京・羽田空港に向かう予定だった。発煙当時、同便が東京から北京に到着してから1時間後だった。同機の機齢は5.2年、298席。現場のスタッフによると、火は見えなかった。中国国際航空などが発煙した原因を調べている。

     同空港によると、同日午後6時現在、ほとんどの便は時間通りに発着したが、一部に遅れが出た。
     エアバスA330シリーズは、2019年7月末現在、中国の各航空会社が計約240機使用している。ワイドボディ機では中国で最も多く、シェアは50%を超える。

    ★参考情報★
    ーーーーーーーーーー
    キャセイドラゴン航空機、エンジンから発煙で引き返す 台湾
    パキスタン空域閉鎖で四川航空機引き返す 30回旋回後に着陸
    旅客機の操縦席ガラスがひび割れる事故。首都航空機が出発空港に緊急着陸ー浙江

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2019年8月20日空 羽田発中国・北京首都国際空港行きの全日本空輸NH963便(ボーイング787-8型機、乗客乗員225人)が15日夜、到着直前に激しく揺れ、乗客2人と客室乗務員2人がけがした。1人は手を骨折する重傷だった。香港メディアの東網が20日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

     国土交通省によると、NH963便は15日午後7時23分ごろ、北京空港の北東140キロの5500メートル上空で乱気流に巻き込まれたとみられ、機体が激しく揺れた。トイレ前で並んでいた60代の女性が手を骨折、50代の女性が腰に軽傷を負った。客室乗務員2人も体をぶつけるなどして軽いけがをした。同便は午後8時、北京空港に到着した。事故は中国で発生したため、現地当局が原因の調査を行う。

     中国では乱気流への遭遇により今年3月、寧波発韓国・済州島行きの春秋航空便が着陸できず出発地に引き返した。17年6月には、パリ発雲南・昆明行きの中国東方航空便で26人が頭の骨折など重軽傷を負った。16年6月には上海浦東空港近くで中国国際航空便の17人が重軽傷を負った。

    ★参考情報★
    ーーーーーーーーーーー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     2018年7月17日洪北京では16日、激しい雷雨があり、北京首都国際空港が午前8時までに国際便291便を欠航にした。また、北京市北東部の密雲区で雷を伴う激しい雨が降り、20年ぶりの水害が発生。1730人が避難した。香港メディアの東網が17日伝えた。(写真は網易のキャプチャー)

     中国新聞網によると、中央気象台は17日、大雨では4段階で最低の青色警戒を発令、山西省東部、河北省北部、北京で大雨が降るとの見通しを明らかにした。

     同空港によると、16日は1738機、28万1500人が出発か到着する予定だった。国際便のほか、上海、杭州(浙江)、広州(広東)に向かう便が雷雨の影響を受けた。

     北京では陸上の交通も乱れ、市内の路線バス25路線が運休、13路線がルートを変更した。各所の道路が冠水し、乗用車がルーフまで水没した地点もあった。

     密雲区琉辛路地区では16日早朝、山崩れが起き道路が寸断。観光客19人が一時立ち往生し、午後6時になり救出された。密雲区のほか、懐柔区で電力設備が被害を受け、約4000世帯が停電した。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2018年6月14日氷中国民用航空華北地区管理局によると、北京市の北京首都国際空港は二度にわたる雷雨とひょうのため、13日午後零時半までに計172便が欠航した。法制晩報を引用し澎湃新聞網が同日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

     同局気象センターは13日、正午から午後4時、大雨のため滑走路の視界が低下するほか、強風やひょうも伴い、離発着に大きな影響が出るとの予測を示した。

     同空港は13日、延べ1721機の発着を予定、午後零時半までにうち323機の発着を終えた。欠航した172便は、中国の中南部、華東地区行きの便だった。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     中国共産党の宋涛・中央対外連絡部長は20日、4日間の平壌訪問を終えて帰国した。朝鮮労働党中央政治局常務委員の崔龍海、外交担当の同党中央副委員長の李洙栄の両氏と会談したが、金正恩委員長と会ったとの情報は伝わっていない。核・ミサイル開発を巡り、米国の要求に応じて中国が制裁を実施したことに対する北朝鮮の不満の表れとみられる。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が20日伝えた。

     宋部長は、習近平総書記の特使として北朝鮮を訪れた。中国外交部によると、中国共産党第19回全国代表大会(第19回党大会)の結果を伝えるとともに、両国が関心を持つ問題で意見を交換するためだった。
     韓国の専門家によると、北朝鮮は、駐中国大使に北京首都国際空港まで特使を見送りに行かせるなど今回の訪問を重視。朝鮮労働党で序列2位の崔龍海氏が会談した。しかし、トップの金委員長との会談は見送られたもようだ。

     韓国高麗大の南成旭教授は「北朝鮮に制裁を行う中国に不満がある。また、宋涛の党中央委員会委員という地位が低いことも関係がある」と話している。

    このページのトップヘ