中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

    タグ:内モンゴル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2020年9月8日蒙 内モンゴル自治区で、モンゴル語学校での漢語(標準中国語)教育の強化に反対運動が広がっている問題で、現地当局に拘束されたり職を失ったモンゴル族が数百人に上ることが分かった。現地政府は、漢語教育への反対は「反政府」、「政権転覆」の行為に当たるとして厳罰を警告している。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。
     海外在住のモンゴル族の話では、内モンゴルの警察は、通遼市やオルドス市でそれぞれ約100人を拘束。アルホルチン旗、ホルチン左翼中旗などでも多数が捕まった。その他、多くの地域でも拘束が続いており、当局が手を緩める兆しはないという。

     現地の6日の報道によると、モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗では5日、正藍旗当局の幹部が停職処分になった。さらに厳しい処分が行なわれる見通しだ。バイリン右旗の共産党委員会は7日、地元の公務員らに子女を学校に通わせるよう命令。従わなければ解雇すると通知した。現地では、公務員の多くが子女の通学を拒否しているという。

    ★参考情報★
    ーーーーーー
    米政府、ウイグル人権侵害の共産党幹部4人に制裁

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    22020年9月3日蒙 香港メディアの頭條日報によると、内モンゴル自治区で当局が1日の新学期から、モンゴル語教育の学校で漢語(標準中国語)を使った教育を強化したことに対し、自治区内の各地で学生と父母らによる抗議活動が続いており、一部は子どもの通学を拒否した。当局は、抗議活動を首謀したとして少なくとも23人を指名手配した。

     同自治区政府は1日、緊急会議を召集。布小林主席は漢語教育の強化について「中華民族の共同体意識の構築に必要」と強調。各地方の政府幹部に対し、学生や父母に対する宣伝を強化して、学生の正常な通学を実現するよう指示した。

     内モンゴル教育庁は8月末、同自治区内の小中学校1年生の国語の授業に、全国共通の漢語の教材を導入するほか、今後2年間かけ小学校1年の「政治」課と「歴史」課について、漢語による授業を順次導入するなど、モンゴル語教育を減らす方針も発表した。

     モンゴル族の多くが、民族文化の消滅につながることを懸念し8月28日から、通遼、オルドス、フフホトの各市で、過去10年間で最大規模の抗議デモが起きた。

     通遼市公安局は3日までに、抗議デモの首謀者として23人を指名手配し、情報提供者に1000元(約1万6000円)の報奨金を支給すると発表した。

    ★参考情報★
    ーーーーーー
    米政府、ウイグル人権侵害の共産党幹部4人に制裁
    中国政府、ドイツとの人権対話取り消し スイスとも

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2020年5月25日蒙 内モンゴル自治区衛生健康委員会は25日、前日の24日午前7時から25日午前7時に、新型コロナウイルスの新規患者計10人を確認したと発表した。いずれも、検疫のため同自治区のフフホト白塔空港に着陸した、北京市の首都空港行き国際便の乗客。うち2人は同自治区の住民だった。また、別の2人はこれまで感染の疑いだったが確定した。

     25日午前7時現在、同自治区の海外感染患者は計150人。うちロシアからの帰国者が100人で最多。英国からの23人、フランスからの19人、米国からの4人がそれに続いた。

     香港メディア東網によると、25日午前0時までに確認された海外感染者のうち四川省の1人は38歳女性。23日、エジプトのカイロから四川省成都市に到着し、隔離されていた。24日に感染が確認された。

    ★参考情報★
    ーーーーーー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     2019年11月29日鼠内モンゴル自治区衛生健康委員会は27日、ウランチャブ市 四子王旗江岸ソムで牧民1人が腺ペストと診断されたと発表した。 患者は現地の病院で隔離され治療を受けているが、病状は安定している。緊密に接触した4人も、隔離して観察を受けているが、これまでに異常はない。

     内モンゴル自治区で腺ペストの患者は2人目。新たに見つかった患者は発症前、ペストの発生地での行動歴があった。他に夫婦が肺ペストと診断され、北京で治療を受けている。

     同委員会は住民に大使、発熱、咳、リンパ節の痛みを感じらたら、直ちに病院で診察を受けるよう呼びかけている。また、外出時には、野生動物との接触を避けるよう求めた。

     香港当局の発表によると、内モンゴル自治区の男性が今月16日、腺ペストと診断された。男性は感染前、野ウサギを食べていた。腺ペストはペストの一種だが、通常はヒト間の感染は起きない。

     香港メディアの東網によると、ネット上では23日、吉林省長春市で肺ペストの患者が発生したが、大学病院で治療を拒否されて、死亡したとの情報が流れた。

     「曹大爺」のアカウントでミニブログに掲載された記事によると、筆者のおじが肺ペストに似た症状で、吉林大白求恩第一病院などを訪ねたが診察を拒否された。長春市伝染病病院で受診すると、ペストの可能性もあるとの指摘を受けたという。

    ★参考情報★
    ーーーーーーーー
    ペスト発生の町、夏からネズミ大量発生 内モンゴル
    ペスト4省・市で確認か 9人感染、1人死亡の情報
    内モンゴルの2人が肺ペストと診断 北京の病院で隔離

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2019年11月22日鼠 法定伝染病の肺ペストの感染者と診断された2人の出身地、内モンゴル自治区シリンゴル盟ソニド左旗で、今年夏からねずみが大量発生していたことが分かった。民家で仕掛けたネズミ捕りの粘着板で、一晩で8~9匹を捕まえたこともあったという。台湾・中央社が伝えた。(写真はRFIのキャプチャー)

     現地の共産党宣伝部は今年5月、ネズミの大量発生を公表していた。しかし、地元住民は11月12日に2人がペストと診断されるまで、誰もネズミと関連を考えなかったという。現在、地元では街路から人影が消えている。

     また、新たに感染者が見つかった内モンゴル自治区シリンゴル盟の「ジョウ(金へんに襄)黄旗」では、道路封鎖などの感染拡大防止策が始まった。出入りするバスなどの乗客は、下車して体温測定が求められ、身分証明書情報と目的地の届け出が命じられている。

     香港衛生署衛生防護センターの発表によると、内モンゴル自治区の男性(55)が16日、「腺ペスト」と診断された。男性は感染前、野生のウサギを食べていた。腺ペストはペストの一種だが、通常はヒト間の感染は起きない。

     また、同センターによると、内モンゴル自治区の男性(48)と女性(46)が12日までに、肺ペストと診断された。男性は牧畜業、女性はその妻。肺ペストはペストの一種で、感染性が高くヒト間で飛沫により伝染する。

    ★参考情報★
    ーーーーーーーー
    ペスト4省・市で確認か 9人感染、1人死亡の情報
    内モンゴルの2人が肺ペストと診断 北京の病院で隔離
    今年初のジカ熱患者を確認=モルディブから帰国-広州

    このページのトップヘ