中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

    タグ:ハルビン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2020年8月5日倒 4日付中国紙・楚天都市報などによると、黒竜江省ハルビン市道里区で4日午前8時55分ごろ「北方金属交易市場」で4階建ての倉庫が突然崩落し、作業員9人が生き埋めになった。(写真は東網のキャプチャー)

     東網によると、地元の警察や消防隊員らが救助作業を行い、午後7時までに4人の遺体を発見した。残る5人の捜索を続けている。警察が所有者と賃借人らを拘束し取り調べている。また、市政府も事故原因の調査を始めた。現場近くの商店主は「作業員が、壁を壊す作業をしていた」と話している。

     ネットメディアによると、以前、倉庫を賃借していた「哈爾濱鳳軍汽車玻璃」の責任者は「危険な建物だと思ったので移転した。もともと平屋だったが、その後、上の階を建て増しした。はりの間が長すぎ床板がたわんでいた」と語った。

     「北方金属交易市場」は、ハルビン市で最大規模の非鉄金属製品の取引所で、2009年5月に開業。建物の床面積は2万6500平方メートル。取引ホールのほか、建材やパイプなど各業者の店舗約300カ所が営業している。アルミ材は樹脂材、内装品などを扱っている。

     中国では建物が突然崩落する事故が頻発している。5月には広西チワン族自治区貴港市覃塘区の木材加工会社の工場が崩落し、29人が死傷。3月には、福建省泉州市で新型コロナウイルスの隔離用のホテル「泉州欣佳酒店」が崩落して29人が死亡した。

    ★参考情報★
    ーーーーーーー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     2020年6月15日大 香港メディアの東網によると、中国の理工系の名門大学である黒竜江省ハルビン市のハルビン工業大学とハルビン工程大学でこのほど、米マスワークスの数値解析ソフト「MATLAB」の使用アカントが無効化され使えなくなった。問い合わせに対しマスワークスは、米政府が先月発表した「エンティティーリスト」に両大学が掲載されたため回答した。(写真はRFAのキャプチャー) 

     同リストは、安全保障上問題のある企業・団体や個人列挙したもの。米商務省は5日、新たに33の中国企業、大学、研究機関、個人をリストに加えた。うち大学13校の中にハルビンの2大学が含まれた。米政府はこのほか、中国軍と関連のある留学生と研究員の米入国を禁止したが、ここでもハルビン工業大学が関係していた。

     MATLABは1984年に開発され、アルゴリズムの開発やデータの可視化と分析、数値計算を可能にする数値解析ソフト。世界の大学約6500校、企業約1万社、政府機関で使われている。無効化されると資料の使用や論文作成ができなくなる。

     ニュースサイトの瀟湘晨報によると、中国外務省の華春瑩報道局長は12日、定例記者会見で、「米政府の行為は、根深い冷戦思考を反映している。一方的な制裁や政治的圧迫は、今の時代の潮流に合わない」と述べて、批判した。

    ★参考情報★
    ーーーーーーー
    「関係断絶も可能」 新型コロナで米大統領、また中国批判
    米中、貿易協議「第1段階」の合意文書に署名

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2020年4月23日哈 新型コロナウイルスの病院内感染が起きた、黒竜江省ハルビン市は22日、感染拡大防止対策の強化を通知し、人の集まりなどを禁止した。ニュースサイトの中国網が22日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

     通知は、家族単位での親類訪問やマージャン、会食などを禁じた。また、ショッピングモールやスーパーマーケット、食品市場など人の密集場所に対し健康の履歴を追跡できる「竜江健康番号」の読み取りや検温、マスク着用を確認するよう求めた。

     また、村落や団地の人の出入りの規制も指示。外部者の進入を規制し、「竜江健康番号」の読み取りや検温、マスク着用を義務付けた。さらに、海外や市外からの感染拡大を防ぐため、空港や駅でのチェックを厳格化し、集中施設や自宅での隔離実施を求めた。

     ハルビン市衛生健康委員会の23日の発表によると、22日の1日に新たな確認された新型コロナウイルス肺炎患者は5人で、うち市内感染が3人、海外感染が2人だった。また、23日午前0時現在の患者は、市内感染が55人、海外感染が1人。現在、追跡中の濃厚接触者は8035人となっている。

    ★参考情報★
    ーーーーーー
    帰国留学生から22人感染 自宅隔離中、近所に拡大-ハルビン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2020年4月16日国 黒竜江省紙・哈爾濱日報によると、同省ハルビン市で、米国から帰国した女子留学生(22)が新型コロナウイルスが陽性と確認された上、14日までに周辺の22人にも感染が拡大していることが分かった。南方都市報が15日伝えた。(写真は百度のキャプチャー)

     黒竜江省衛生健康委員会によると、14日の1日に、同省内で新型コロナ肺炎患者8人が確認されたが、うち7人が女子留学生から感染した。

     ハルビン市当局によると、女子留学生は3月19日に米国から帰国後に自宅隔離中、アパートの階下の友人とその男友だち、母親、母親の友人らに感染が広がった。中には87歳の高齢者も含まれる。この高齢者はその後、脳内出血でハルビン市内の病院2カ所に入院したが、同じ病棟の他の患者と家族からも感染者が見つかった。

     当局によると3月20日以前の規則では、米国からの帰国者は自宅隔離、韓国や日本、イラン、イタリアからの帰国者だけ指定施設での集中隔離と定められていた。女子留学生は3月19日に帰国したため自宅にいた。

     新華社によると、ハルビン市人民代表大会(市議会)は15日、同市衛生健康委員会の秦徳亮主任を解任する人事を発表した。市内の新型コロナ感染拡大と関連している可能性がある。

    ★参考情報★
    ーーーーーーー



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2019年8月30日超 黒龍江省ハルビン市の商業施設「ハルビン華潤万象匯」地下1階のスーパーマーケット「哈爾信陽光農園超市」で27日午後5時40分ごろ、天井板がレジ付近に落下し、買い物客ら13人が重軽傷を負った。同店は18日に開業したばかりだった。ニュースサイトの上游新聞が伝えた。(写真は星島日報のキャプチャー)

     ハルビン市応急管理局などは、店内の吊り天井がしっかり取り付けられておらず、広い範囲で落ちたとみて、調査を始めた。けが人のうち重傷者は50歳前後の女性で、肩を骨折し病院で治療を受けている。 
     ニュースサイトの騰訊房産によると、華潤万象匯は、大手不動産開発会社の華潤置地がハルビン市で初めて手掛けた商業施設で、床面積は13万5000平方メートルに上る。

     「ハルビン華潤万象匯」はコメントを発表。謝罪するとともに、委託先の内装業者の施工に問題があったとする見方を示した。また、各テナントが安全検査を始めたことを明らかにした。

     スーパーは7月12日に内装工事を終え、「ハルビン華潤万象匯」の開業と当日に営業を始めた。業界関係者によると、スーパーのような大型店の工事は複雑で、専門業者の関与が必要という。

    ★参考情報★
    ーーーーーー
    暴風雨で雨よけの崩落 雨宿り中の4人死亡4人重軽傷-深セン

    このページのトップヘ