中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

    カテゴリ: 中印関係

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    22021年3月16日烈 台湾・中央通信社によると、中国北京市海淀公安分局(警察)は15日、昨年6月の中印軍衝突で死亡した中国将兵を侮辱したとして、著名資産家の潘石屹の子息、潘瑞氏(30)に対し、直ちに帰国して取り調べを受けるよう命じる通知を発表した。

     中国とインド軍は昨年6月、両国国境付近で衝突し、双方に死傷者が出た。同分局の通知によると、潘瑞氏は昨年6月23日、短文投稿サイトの新浪微博(ウェイボ)で「少なくとも(中国軍の)陣地1つが、生き埋めにされた」などと書いた。

     潘瑞氏は2020年2月に北京を離れて国外に滞在中。海淀公安分局は「潘瑞氏の拘留を決め、行方を追っている」とした上、帰国するよう命じた。同分局は「英雄烈士(戦死者)を侮辱、誹謗して名誉を損なうことは、社会の利益を損なう行為で、断固として取り締まる」とコメントした。 

     米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、中国中央テレビ局は2月、中印軍の衝突で中国軍将兵5人が死傷したと報じた。その後、ネット上で戦死者を侮辱する書き込みをしたとして、8人が拘束された。

     潘瑞氏の父の潘石屹氏は、1995年に不動産会社のSOHO中国を設立。海南島を皮切りに、不動産王国を築いた。20年3月20日発表の「2020年胡潤・世界不動産富豪番付」で潘石屹と夫人の資産は、250億元(約4200億円)で68位となった。

    ★参考情報★
    ーーーーーーー
    「迷子」の中国軍兵士をインド軍が拘束 近く釈放へ
    インド軍、中印国境に部隊増派 山岳戦部隊を配置

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     22021年1月27日印米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、インド軍は25日、中印両軍が20日、両国国境に近いナクラ地区で小規模な衝突を起こしたと発表した。(写真は東網のサイト画面)

     ナクラ地区は、インド北東部のシッキム州北部。インドのメディアによると、中国軍兵士が越境を図ってインド軍が阻止したため衝突が起きた。中国軍兵士約20人とインド軍兵士4人にけが人が出た。両軍とも武器は使わなかったという。

     インド軍関係者は「小さな衝突」と表現。現地の指揮官が取り決めに従って事態を収拾。情勢は既に平穏を回復した。

     中国外務省の趙立堅副報道局長は、事件に対するコメントを避けた。ただ、インド側に対し、緊張を激化させるようないかなる行動も取らないよう求めた。

    ★参考情報★
    ーーーーーー
    インド軍、中印国境に部隊増派 山岳戦部隊を配置
    インド軍が越境、威嚇射撃か 中印国境での発砲、45年ぶり

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    22020年10月20日印 ドイツの国際公共放送ドイチェ・ベレ(DW)によると、インド軍は、インド北部のラダック地区のデムチョクで中国軍兵士1人を拘束したと発表した。インド軍は兵士を近く釈放する方針。インド軍は、中国軍兵士が道に迷い、中印の実効支配線を超えたとの見方を示した。(写真は東網のキャプチャー)

     中国メディアは、中国軍兵士の拘束に沈黙している。しかし、中国紙・環球時報の胡錫進編集長がミニブログで「19日午後、知らない間にインド軍支配地域に入った可能性がある中国軍兵士1人を、インド軍が逮捕した。中印が兵士の帰還に向け連絡を行った」と書いた。

     ラダック地区では6月15日、中印両国部隊の兵士が殴り合い、インド兵約20人が殺された。中国側は、自軍の死傷者を好評していない。

    ★参考情報★
    ーーーーーーーーー
    インド軍が越境、威嚇射撃か 中印国境での発砲、45年ぶり
    中印がまた緊張 「軍事挑発」と相互批判

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2020年9月14日印 マレーシアの華字紙、光明日報(電子版)によると、インド北部のラダック地区で、インド軍と中国軍との緊張が続いており、インド軍が要地パンゴン湖の北岸と南岸に部隊を増派した。高地での作戦能力を持つ山岳戦専門部隊が配置され、最高度の警戒を維持している。

     インドの報道によると、山岳戦部隊は各所に分散しているが、重点はパンゴン湖付近。同湖近くでは中国軍も展開し、新たな陣地を構築している。中国側は、重火器を装備した部隊も配置したもようだ。



    ★参考情報★
    ーーーーーーー
    中印がまた緊張 「軍事挑発」と相互批判
    中国とインド、衝突回避へ両軍の引き離しで合意

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    22020年9月8日印 軍事情報サイトの中国軍網によると、中国軍西部戦区報道官の張水利大佐は7日、インド軍がパンゴン湖南岸に違法に越境し、交渉しようとした中国国境警備隊に威嚇射撃を行ったと述べた。張大佐は「インドの行動は両国の協定違反であり、現地の緊張を高める。深刻な軍事的挑発だ」とインド軍を批判した。(写真は東網のキャプチャー)

     香港メディアの東網によれば、中印国境での発砲は1975年以来、45年ぶりとなる。中国軍は、再発防止とともに、発砲した軍人を処罰するようインド軍に呼びかけた。

    パンゴン湖があるインド北部のラダック地区では6月15日、中印両国部隊の兵士が殴り合い、インド兵約20人が殺された。中国側の死傷者が出たことを認めたが、数字は公表していない。

    ★参考情報★
    ーーーーーー
    中国とインド、衝突回避へ両軍の引き離しで合意
    インド兵76人負傷、捕虜10人 中国が現地で道路工事

    このページのトップヘ