中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

    カテゴリ: 台湾

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    22021年5月13日電 14日付台湾紙・聯合報によると、台湾高雄市の超高圧変電所で13日午後2時37分ごろ発生した故障のため、同市の台湾電力興達石炭火力発電所の発電設備4基が全部、緊急停止した。台湾全土で輪番停電が行われ、工場や商業、交通が大きく混乱した。(写真は東網のサイト画面)

     台湾中央通信社によると、電力供給は同日午後8時ごろ正常化するまで、輪番停電は5時間以上続いた。全土で400万世帯が影響を受けた。台北など各地で、エレベーターに閉じ込められ、消防に救助を求める事例が数十件起きた。一部で交通信号が止まり、警察官が誘導に当たった。

     台湾経済の中核である台湾積体電路製造(TSMC)やなど半導体やパネル工場は、台湾電力による優先供給で停電は起きず、通常の生産を維持した。TSMCの担当者は「一時、電圧の低下が起きたが、電力供給は正常だった。」と話している。

     台湾はまもなく、夏の訪れとともに電力需要のピークを迎えるが、台湾電力は「大規模な火力発電設備の点検と保守工事がが5月終わる」として、電力供給に懸念がないことを強調した。

     台湾では17年8月15日にも、約6時間にわたる大規模な停電が起き、668万世帯が影響を受けた。

    ※出典

    https://udn.com/news/story/122176/5456740?from=udn_ch2_menu_v2_main_cate
    https://www.cna.com.tw/news/firstnews/202105135019.aspx
    https://www.cna.com.tw/news/firstnews/202105135015.aspx


    ★参考情報★
    ーーーーーー
    中国上海、北京でも計画停電 設備保守のためと当局
    中国広東省広州市で停電 12時間後復旧、故障が原因と当局

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    22021年4月16日台 米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、台湾の蔡英文総統は15日、米民主党のクリス・ドッド元上院議員らバイデン大統領派遣の代表団との一行と会談した。蔡総統は、台湾が米国と共同でアジア太平洋地区の平和と安定を守り、中国の暴走と挑発を阻止することを望んでいると述べた。(写真はRFAのサイト画面)

     代表団のメンバーは、ドッド元上院議員、ブッシュ(子)政権のアーミテージ、オバマ政権のスタインバーグ両元国務副長官の3人。派遣は、米ホワイトハウス高官は、台湾と民主主義の守護に力を入れるとの、バイデン大統領の「個人的なシグナル」だと述べた。

     米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、蔡総統は会談で、中国が最近、台湾周辺の海空行域で軍艦や軍用機による活動を活発化させていることに言及。中国がアジア太平洋の現状を変え、地域の平和と安定に脅威を与えていると指摘した。

     ドッド元上院議員は「バイデン政権が、台湾の国際社会での活動拡大に協力し、台湾が自己防衛に力を入れることを支持することを信じる」と述べた。アーミテージ氏は「米国では、民主党も共和党も、台湾の民主主義の発展を支持している」と語った。



    ★参考情報★
    ーーーーーーーー
    トランプ反中政策の撤回、中国がバイデン政権に要望

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    22021年4月15日米 15日付の香港紙・蘋果日報によると、バイデン米大統領の気候変動問題担当のケリー特使が14日、上海に到着した。15~16日、中国政府の同問題担当の解振華大使と会談を行う。

     14日には、バイデン米大統領が、非公式代表団として派遣した民主党のクリス・ドッド元上院議員、ブッシュ(子)政権のアーミテージ、オバマ政権のスタインバーグ両元国務副長官の3人が14日午後、台北の松山空港に到着した。米国が同日に、中台に使節を派遣したことは、対抗と協力が共存する、バイデン政権の対中外交姿勢を反映したものとみられる。

     ケリー氏は17日までの滞在中、韓正副首相ともオンラインで会談する見込み。外交政策を統括する楊潔チ(竹カンムリに褫のつくり)共産党政治局員や王毅外相と意見交換する可能性もある。

     米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、代表団派遣は、米台の安全保障関係を定めた台湾関係法の施行42周年を記念したもの。中台関係が緊張する中、バイデン政権が、米国が台湾関係法に基づいて台湾の自主防衛を支援するとの政治的メッセージとみられている。一行は15日に、蔡英文総統と面会する。


    ★参考情報★
    ーーーーーー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     22021年4月12日冠台湾衛生福利部疾病管制署の中央感染症指揮センター(CECC)は12日、日本留学から帰国した20代の台湾人女性1人が、新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表した。台湾紙・聯合報(電子版)が伝えた。(写真は聯合報のサイト画面)

     莊人祥報道官によると、女性は昨年10月から日本に留学していたが4日に台湾に戻った。帰国便の搭乗3日以内のPCR検査では陰性で台湾到着時は無症状で、そのままホテルと自宅での待機を続けていた。9日にめまいや吐き気の症状が表れ、10日に衛生福利部が検査したところ、陽性と確認された。同部は女性の接触者1人の経過観察を行っている。

     台湾の新型コロナ患者は12日現在計1058人。うち海外感染が942人、国内感染が77人。累計の死者は11人となっている。

    ★参考情報★
    ーーーーーー
    台湾の病院で新型コロナ15人感染 約5000人隔離

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    22021年4月6日太 台湾東部・花蓮県で2日、台湾鉄路管理局の特急列車「タロコ号」が「清水トンネル」で脱線した事故で、台湾政府の「陸上重大交通事故・中央緊急対応センター」は5日、死者が乗客48人、運転手と助手2人の計50人、けが人が211人だったと発表した。

     死者のうち1人はフランス人、1人は米国人。1人の身元がわかっていない。けが人には日本人2人、オーストラリア人1人が含まれていた。けが人のうち日本人2人を含む175人は退院。34人が入院中だという。

     同センターによると、事故は2日午前9時28分、崇德・和仁東線の「第一清水トンネル」北口で発生。タロコ408号が走行中、線路脇の斜面上から落ちてきたトラックに衝突し脱線した。列車には、乗客、乗務員、清掃員の計498人が乗っていたが、乗客のうち122人は無座席だった。

     トラックは、台湾鉄路管理局の委託を受け、線路脇斜面の防護壁の建設工事をしていた建設会社、東新営造の現場主任が事故直前、工事用の通路上に止めた。トラックは無人のまま20メートル走った後、線路上に転落した。

     国家運輸安全調査委員会は、トラックのサイドブレーキが掛かっていなかったか、故障していた可能性があるとみて調べている。

     台湾中央通信社によると、林佳竜交通部長は4日、辞意を表明した。蘇貞昌行政院長(首相)は記者団に「まだ検討していない。今は救援と復旧作業が最重要だ」と述べ、交通部長の辞職は直ちには認めない考えを示した。


    ★参考情報★
    ーーーーーーー
    特急電車脱線転覆、18人死亡178人重軽傷 カーブ曲がりきれず?=台湾

    このページのトップヘ