中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

    カテゴリ: 広東

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    22021年5月06日労 広東省政府の安全生産監督管理局によると、広東省汕尾市の香港資本の中小型ディスプレー大手、信利半導体の工場で5月1日午後4時20分ごろ、純水(RO水)タンクの清掃作業をしていた作業員4人が倒れているのが見つかった。全員が助け出されて病院に運ばれたが、まもなく死亡した。ニュースサイトの法制網が5日伝えた。(写真は東網のサイト画面)

     同局によると、4人の死因は酸素不足。いずれも、同社の契約先の設備保守会社、汕尾市精新科技の従業員で、1日午前中から、タンクの塩ビ管の交換などを行った。午後2時15分から、再びタンクの清掃作業を行っていた。その後、4人がタンク底部の深さ50センチの水の中に倒れているのを工場の担当者が見つけた。

     同局によると4人は、規則通りに換気や計測などを行わず、縦横4.5メートル、高さ3メートルのタンクに入り作業を行った。4人の救出時、タンク内の空気の酸素量は7.5%だった。4人は防護用品を何も身に着けていなかった。

     同局によると、信利半導体と汕尾市精新科技は、労災防止の取り決めである「安全生産管理協議」を交わさず、関連の研修もしていなかった。汕尾市精新科技は、主に臨時雇用の作業員を派遣し、研修もしないままタンクの清掃作業をさせるなど、労災防止の意識が欠けていた。

    ★参考情報★
    ーーーーーーーー
    化学工業の労災事故の死者、1~11月は157人 中国

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     広東省東部の潮汕地区で干ばつが深刻化している。掲陽市掲東区の双坑ダムなどでは、水位低下で水底が露出。汕頭(スワトウ)市潮陽区内の多くの町村で、3日間の断水と給水を繰り返している。当局によると、昨年10月以降、広東省の降水量は平年に比べて34%減少、潮汕地区では6~7割も減っている。香港メディアの東網が13日伝えた。

     中国本土の11日の報道によると、広東省の潮汕地区を流れる韓江の主要ダムの貯水量は8億1200万立方メートルで、貯水率は36.74%にとどまる。当局は3億3000万元(55億円)を投入し対策を行っている。

     中国の気象部門は7日から、人工降雨作戦を展開し、ヨウ化銀を含むミサイル36発を発射した。14日から、広東省中北部で降雨が見込まれるが、全省には降らず、東部の干ばつは当面続く見通しだ。


    ★参考情報★
    ーーーーーーー
    中国雲南の干ばつさらに深刻化 32万人が飲水不足

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    22021年4月9日核 香港保安局は8日、中国広東省核応急委員会から同省台山市の台山原子力発電所か極少量の気体が漏れたとの通報を受けたと発表した。通報によれば、環境への影響はないという。台湾中央通信社が8日伝えた。(写真は中央通信社のサイト画面)

     香港保安局によると、香港天文台が放射線量を測定したところ、気体漏れが起きた5日以降も、香港では正常値が続いている。

     同委員会の通報によると、台山原発の係員が5日、1号機の排気処理システムの操作をしていたところ、極少量の気体が漏れ出たことを監視システムが表示した。

     台山原発では直ちに事後処理を行い、検査を行ったところ、漏れたガスの量は年間許容量の0.00044%にとどまった。国際原子力・放射線事象評価尺度(INES)では「レベル0」で、従業員や原発周辺の住民の健康に影響はないという。

     台山原発1号機は2018年6月に稼働。第3世代原子炉設計である欧州加圧水型炉(EPR)を世界で初めて設置した。広東省の原発は6カ所で、うち1カ所が建設中、5カ所が運転を行っている。最も古いのは1993年に運転を開始した大亜湾原発で、香港にも電力を供給している。

    ★参考情報★
    ーーーーーー
    原発燃料プールで9分間冷却止まる 操作員がミス

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    22021年4月1日高 広東省南西部の湛江市遂渓県は3月30日、最高気温が35度を記録し、今年初の高温警報を発令した。2006年以降、最も早い発令となった。広東省気象公共サービスセンターによると、4月4日の清明節の連休前、同省の一部は33度となる見通し。香港のニュースサイト、東網が31日伝えた。(写真は東網のサイト画面)

     遂渓県では30日午後2時45分に高温では3段階で一番低い「黄色警報」を発令した。広東省では珠海市、深セン市でも気温が上昇。深セン市では30日、3月としては史上2番目の30度を記録した。

     深セン市の3月以降の平均気温は21.5度で、直近5年間の平均より1.8度高い。同センターによると、広東省では4月2日まで、大部分地区で空気が乾燥し、森林火災が起きやすくなる見通しだ。

    ★参考情報★
    ーーーーーーーーー
    中国雲南各地で干ばつ深刻化 一部で給水停止も

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    22021年3月31日観 中国のニュースサイト、澎湃新聞によると、広東省湛江市を通る瀋海高速道路の湛江~遂溪区間で29日午前1時42分ごろ、観光バス1台とトラック2台が衝突し、バスの運転手が死亡、乗客ら39人がけがした。警察が事故原因を調べている。

     香港のニュースサイト、東網によると、消防救援隊が消防車6台と隊員40人を現地に派遣して、救助活動に当たらせた。バスは前方が激しく壊れ、乗客10人が車内に閉じ込められたが、まもなく助け出された。

     中国ではこのところ、多数の死傷者が出る交通事故がしばしば発生。2月25日には広西チワン族自治区南寧市武鳴区の省道514号線で、大型トラックと小型トラックが正面衝突し、18人が死傷。24日には黒竜江省大慶市の高速道路の橋で、大型バスがオフロード車と衝突し9人が死傷した。

    ★参考情報★
    ーーーーーーー
    大型バスが衝突後に橋下に転落 乗客ら9人死傷 中国黒竜江
    安徽の高速道路で多重衝突事故 3人死亡、5人けが

    このページのトップヘ