中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

    カテゴリ: 重慶

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     22020年12月07日炭中国のニュースサイト新華網によると、重慶市永川区の吊水洞炭鉱で4日午後5時ごろ、一酸化炭素の中毒事故起き、坑内にいた24人のうち1人が救助されたが、23人が死亡した。警察と消防が事故原因を調べている。(写真はドイツの国際公共放送ドイチェ・ベレのキャプチャー)

     ニュースサイトの紅星新聞によると、重慶市では9月27日にも、炭鉱での一酸化炭素中毒で16人が死亡する事故が起きている。国務院(中央政府)安全生産委員会が問題視し、重慶市の労災対策部門の責任者から事情聴取を行った。

     新華網によると、吊水洞炭鉱は2カ月前に閉鎖され、24人は撤去作業のため坑内にいた。この炭鉱では13年3月にも硫化水素が発生し、3人が死亡、2人がけがする事故が起きた。同炭鉱は1975年に開発が始まり、1998年に民営化した。年産能力は12万トンだった。

     国務院安全委によれば、事情聴取は、重慶市の炭鉱は安全上、深刻な状況にあり、事故頻発の原因を究明するため。聴取を行った国家炭鉱安全監督管理委員会の黄玉治局長が「2カ月間に2回の悲惨な事故が起きた」と指摘して問題視し、責任体制の未確立と予防策の不徹底を批判した。その上で、市内の炭鉱に対し、一斉点検を行うよう指示した。 


    ★参考情報★
    ーーーーーー
    重慶の国有炭鉱で一酸化炭素中毒事故 16人死亡

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    22020年11月16日重 中国重慶市合川区公安局(警察)によると、同区ライ(さんずいに来)灘鎮の市街地で15日午前9時36分ごろ、小型バスが突然暴走して歩行者を次々にはね、1人が死亡、8人がけがした。警察は、運転していた男(29)を拘束し、取り調べている。情報サイトの捜狐が伝えた。

     現場は、野菜など食品を売る露天街。小型バスは走行中中に突然暴走を始めたという。

     中国では、車が街路を暴走し多数を死傷させる事故が頻発。重慶市では昨年11月にも、重慶市テン(執の下に土)江県の街路で、乗用車が暴走して歩行者をはね4人が死亡1人がけがした。昨年10月には、上海市中心部の普陀区の交差点で昨年10月、大渡河路と金沙江路の交差点で赤信号を無視した乗用車が横断歩道の歩行者に突っ込み、5人が死亡、9人がけがした。

     なお、15日には、広西チワン族自治区梧州市藤県の蒼碩高速道路で午前7時ごろ、、ワゴン車が大型トラックに追突。ワゴン車に乗っていた5人が死亡、2人がけがした。梧州市公安局が事故原因を調査している。

    ★参考情報★
    ーーーーーー
    杭州の街路で車暴走 電動バイクの女性ら多数けが 浙江

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    22020年10月13日投 ニュースサイトの新京報によると、重慶市の石柱土家自治県で12日午前11時ごろ、市街地の橋の上から男性(47)が転落し、下の道路を通行中の別の男性(79)にぶつかった。救急隊員らが駆けつけたが、2人は死亡が確認された。(写真は東網のキャプチャー)

     警察は防犯カメラの映像や、付近の聞き込み捜査の結果、47歳の男性が投身自殺を図り、79歳男性が巻き添えになったとみている。2人とも地元の住民だった。

     現場は、市街地の幹線道路「都督大道」が谷を越えるための「遷溝大橋」。橋の下も道路が通っている。高齢者は現場近くに住んでいた。

     中国では投身自殺の巻き添えがとなる事故が後を絶たない。昨年12月には、重慶市沙坪ハ(土に覇)区で高層マンション棟から男性が飛び降り、ぶつかった高校生2人とともに死亡した。同年6月にも、四川省眉山市東坡区のマンションから男性が飛び降り、通行中の高齢者と幼児が巻き添えとなって、幼児が死亡した。

    ★参考情報★
    ーーーーーーー
    飛び降り男性、通行人直撃=幼児死亡、高齢者がけが-四川
    繁華街で19歳女性が投身自殺 「早く飛び降りろ」 冷やかした6人拘束-甘粛

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    22020年9月28日炭 ニュースサイトの毎日経済新聞によると、重慶市キ(其の下に糸)江区の国有石炭会社、重慶能投渝新能源の松藻炭鉱で27日午前1時半ごろ一酸化炭素中毒事故があり、17人が坑内に閉じ込められた。救助活動は既に終わり、16人が死亡し、1人が病院に搬送され手当てを受けている。(写真は百度のキャプチャー)

     キ江区応急管理局の係官は、石炭を運ぶベルトコンベアの火災が原因だったと述べた。しかし、キ江区の党宣伝部の担当者は「ベルトコンベアの火災が原因だったかどうかは、調査が必要だ」と話している。
     重慶能投渝新能源は、国有投資会社の重慶市能源投資集団が80%出資する。安全操業上の大きな問題があったため、3カ月前に対策を行った。同社は2022年に新規株式公開(IPO)による上場を目指し、準備を進めている。 

     松藻炭鉱は、重慶市の国有5大炭鉱の1つ。確認埋蔵量は11億3000万トン、火災埋蔵量は7億2000万トン。製品は主に、重慶市内の火力発電所で使われている。四川や広東、広西の顧客にも動力や工業用として出荷されている。

     中国では昨年12月にも、貴州省黔西南プイ族ミャオ族自治州の安竜県にある安竜県広隆炭鉱で、「ガス突出」事故があり、当時作業中だった23人のうち14人が死亡した。


    ★参考情報★
    ーーーーーーー
    山西の炭鉱でガス爆発 15人死亡、9人けが
    新型発破装置が爆発 作業員ら8人死亡5人けが 陝西

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2020年8月24日重 ニュースサイトの北京日報によると、長江の重慶・寸灘の観測所で22日午前8時、水位が警戒水位の180.5メートルを下回り、重慶市政府は22日午後2時、史上初めて発令した「洪水防止1級緊急対応」を解除した。(写真は百度のキャプチャー)

     別のニュースサイトの界面新聞によると、長江の増水のピーク「2020年長江第5号洪水」が重慶市の区間を通過したため、同市の海事部門は22日午後3時、この区間の船舶の航行禁止を解除した。

     長江では22日までに、「第5号洪水」、支流の嘉陵江で「第2号洪水」がそれぞれ重慶市の区間を通過し、同市は深刻な水害が発生。全市の15区・県で約26万3200人が被災し、約25万1000人が避難した。商店は2万3700軒が水没した。報道によれば、死者は出ていない。

     米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、重慶市で深刻な水害が発生したことで、専門家からは三峡ダムの洪水防止の能力が劣るとの指摘が出ている。 「長江第5号洪水」は三峡ダムを通過したが、中国の気象台によると、四川や重慶、貴州で大雨が降っており、同ダムの上流域で再び増水の恐れが出ている。

    ★参考情報★
    ーーーーーーー
    四川省が史上初の「洪水1級緊急対応」発令 青衣江で100年に一度の洪水
    沱江で71年ぶりの増水 成都・金堂県で住宅水没

    このページのトップヘ