中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

    カテゴリ: 四川

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     四川省成都市の「成都市第四十九中学」で9日、高校2年の林唯麒さんが校舎から転落死し、住民らが真相究明を求めてテモを行った事件で、中国国営新華社は13日、事件は自殺だったとする詳しい説明を伝えた。事件の沈静化を図ったとみられる。台湾中央通信社が13日伝えた。

     林さんの死亡後、母親がSNSで学校側の連絡が遅れたことや、監視カメラの映像を見せないことを批判。警察の公式発表も極めて短く、住民らが死因に疑念を持ち、11日に学校前で説明を求める大規模なデモを行った。ネット上には、林さんが殺害されたとのうわさも流れた。

     新華社が伝えた成都市公安局(警察)の説明では、林さんは転落死前、刃物で左腕を切る動作をするもようが監視カメラに写っていた。また、林さんが使っていたスマートフォンには、友人に投身自殺したいと伝える昨年6月のメッセージが残されていた。新華社はまた、母親への連絡が遅れた原因に関する、学校側の説明も伝えた。

     新華社の報道後、他の政府系メディアも、死亡原因に関する疑問を伝えることをやめ、学校と警察の対応のやり方に対する批判への論調の軸足を移した。

     米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、中国では最近数カ月間に、学校内で15歳前後の生徒が転落死する事件が少なくとも4件発生。江西省では、死亡した女子生徒の母親が、懸賞金20万元(約340万円)を用意して、真相に関する情報提供を呼び掛けている。

    ★参考情報★
    ーーーーーー
    朝鮮族学校でも漢語教育強化 各地で反発

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    22021年5月13日四
     台湾中央通信社によると、中国四川省成都市の「成都市第四十九中学」で9日、高校2年の林唯麒さんが校舎から転落して死亡した。当局が11日、自殺と認定し刑事事件の可能性を否定したのに対し、同校の父母ら住民多数が校門前に殺到。説明を求めて抗議活動を行ったが、警察が鎮圧に乗り出し終息した。(写真はRFAのサイト画面)

     米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、母親によると、林さんは9日午後5時40分登校したが、学校から午後9時、校舎の廊下から転落死したと告げられた。母親は、監視カメラの映像を見せられたが、死亡直前の映像は抜けていたという。

     林さんの親友が10日、同校の校門前に集まり説明を求めたとろ、賛同する住民が続々と集まり始め、夜半まで抗議を続けた。成都市当局は11日、林さんの死亡を自殺と断定し、事件性を否定する声明を発表したが、駆けつける住民の数が増え続けた。それぞれ白バラを手に持ち、真相を明らかにするよう求めた。

     SNSによると、警察が11日夜に鎮圧に乗り出し、住民多数を拘束。抗議活動は、警察が住民を排除して終息したという。中国政府系メディアも、一部が当初、学校の対応を疑問視したが、まもなく沈黙した。
     中央通信社によると、四川省公安庁(警察)は12日、「敵対勢力が国家の安全と安定を破壊することを阻止しない。カラー革命(民主化運動)の発生を絶対に許さない」とするコメントを発表した。

    ★参考情報★
    ーーーーーー
    マンション所有者数百人がデモ 下水処理設備に反対 深セン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     22021年4月20日刃中国本土のニュースサイト、環球網によると、四川省成都市天府新区にある華陽街道地区の住宅街で、17日午後12時半ごろ、通行人らが刃物を持った男に襲われ、男女4人がけがした。4人の命に別状はないという。(写真は百度のサイト画面)

     警察官が急行し、現場近くに住む四川省資陽市出身の男(31)を取り押さえた。調べに対し男は「母親と口論になり、腹いせでやった」と供述しているという。

     中国では通り魔事件がしばしば発生。昨年12月には、遼寧省鉄嶺市内の開原市で、男が刃物で通行人らを襲い14人が死傷。9月には江蘇省蘇州市の路上で、男に刃物で通行人を襲い、5人が死傷した。同じ月、広東省広州市で、元新聞記者の男が通学中の子どもらを刃物で襲い、7人が死傷した。

    ★参考情報★
    ーーーーーーー
    通行人を刃物で襲撃 5人死傷、男を拘束 江蘇

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    22021年3月1日海 ニュースサイトの央広網によると、四川省楽山市の峨辺県沙坪鎮で27日午後4時50分ごろ、住宅地が広がる丘陵の斜面を巨岩が転がり落ち、民家3軒を押しつぶした。1人が生き埋めとなり、救助隊が同日午後10時35分ごろ発見し、病院に運んだが、死亡が確認された。他に住民3人がけがした。

     現場では捜索活動が既に終了。医療チームや救援隊などが住民のケアや避難の誘導などを行っているほか、事故調査チームが原因の究明を始めた。

     現場は、付近を流れる大渡河の沿岸。丘陵の斜面から川岸にかけ民家や集合住宅が密集している。巨岩は丘陵の山頂近くから転がり落ち民家を直撃した。丘陵は樹木が伐採され尽くしたはげ山で、落石が起きやすいとの指摘が出ている。

     四川省の山間部や丘陵地帯では、落石事故がしばしば発生。2019年7月には、四川省アバ・チベット族チャン族自治州松潘県の国道で、斜面から転がり落ちた巨石が、走行中の大型観光バスを直撃し、8人が死亡、16人がけがした。


    ★参考情報★
    ーーーーーー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    22020年12月16日新 中国のニュースサイト新京報によると、四川省衛生健康委員会は15日、新型コロナウイルス肺炎の新規患者と確認された地元航空会社、四川航空の国際貨物機の男性乗組員(26)が、同省江油市で約300人が出席して開かれた結婚披露宴に参加していたと発表した。(写真は東網のキャプチャー)

     男性乗組員は11月29日に米ロサンゼルスから四川省成都行きの貨物機に乗務した後、集中隔離を受けたが、PCR検査で院性となった。12月9日に成都―済南(山東)―成都便に乗務後、12日まで隔離された。終了後、自分で車を運転し披露宴に出席したが、14日に病院で同肺炎と診断された。

     披露宴が行われたホテルは閉鎖され、従業員と宿泊客約100人がPCR検査を受けた。江油市の保健当局によると、15日現在、披露宴出席者から別の陽性者は出ていない。 

     乗組員がロサンゼルスから到着後、14日以内に済南行きの乗務を行ったことに疑問の声も出ている。航空業界関係者によると、貨物機の乗組員は旅客機と異なり、乗客と接触しないため感染リスクが低いとして、14日の隔離は免除されているという。

     国家衛生健康委員会の16日の発表によると、前日の15日に確認された新型コロナの新規患者は12人でいずれも海外で感染した。15日現在の患者は315人(うち重症者は8人)。累計患者数は8万6770人。累計の死者は4634人となっている。

    ★参考情報★
    ーーーーーーー
    黒竜江・牡丹江で全住民にPCR検査 市トップ解任
    黒竜江・綏芬河の新型コロナ海外感染患者409人

    このページのトップヘ