中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

    カテゴリ: 湖北

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    22021年5月12日高 湖北省武漢市の応急管理局の10日の発表によると、武漢市三陽路で建設中の高層ビル17階で同日午後2時半ごろ、清掃作業をしていたゴンドラが強風にあおられてカーテンウォールの外壁に激突した。約20分後、作業員2人が救出されたが、まもなく死亡が確認された。事故当時、雷を伴う強風が吹いており、当局は管理に手落ちがあったとみて、当局が作業の責任者を拘束した。ニュースサイトの環球網が11日伝えた。(写真は東網のサイト画面)

     作業員2人は、地元建設会社の湖北高芸装飾工程から派遣され、10日午後1時半から清掃作業を始めた。まもなく電気が止まってゴンドラは操作できない状態となり、午後2時半、2人から助けを求める電話が入った。その後、ゴンドラは強風にあおられて外壁に数回、激しく衝突。午後2時50分ごろ、救助隊員が2人を助け出したが、既に意識がない状態だった。

     作業員2人の家族は、同日午後5時半ごろ事故後現場に駆けつけたが、関係者に殴られ、携帯電話を奪われたと主張している。2人の遺体は、ビルの17階に安置されていたが、家族の意向を無視して運び去られたという。

     武漢市気象台は10日午後2時20分ごろ、強風では4段階で上から3番目の「黄色警報」を発令していた。家族によれば、施工者の武漢地鉄集団、建設工事の元請け会社、上海宝冶集団は、高所作業の中止を命じなかった。停電でゴンドラは操作不能となり、安全な場所に戻れなくなったとみられる。


    ★参考情報★
    ーーーーーー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     22020年10月12日崩ニュースサイトの楚天都市報によると、湖北省武漢市新洲区で11日午前10時ごろ、地元の農家が建築中の住宅が突然崩落し、作業員十数人ががれきに生き埋めとなった。消防などが急行して救出作業を行い、12人を救助したが、2人が死亡、10人がけがした。消防などは救助作業を続ける一方、事故原因の調査を行っている。(写真は東網のキャプチャー)

     住民によると、崩落した住宅は1週間前に建設が始まり、事故時は3階まで完成していた。作業員は40~60歳で、いずれも周辺地区から仕事に来ていた。警察が、工事を請け負った業者を拘束した。

     現場は同区柳街鎮東部の古竜村の一角。周辺には農家が建設した住宅が建ち並んでいる。

     中国では建物の崩落事故が頻発している。7日には四川省内江市内隆昌市で、農家が経営する平屋のレストランで、屋根が崩落し26人が重軽傷を負った。8月にも、山西省臨汾市襄汾県のレストランで、ホールの屋根が突然崩落し、宴会中の29人が死亡、28人が重軽傷を負った。

    ★参考情報★
    ーーーーーー
    4階建て倉庫が崩落 作業員7人不明 黒竜江

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    22020年10月7日山 ニュースサイトの中国新聞網によると、湖北省恩施市の市街地で6日、山崩れが起きて建物が押しつぶされ、5人が生き埋めになった。3人が救助されたが、1人が死亡、1人がけがした。当局が行方不明者の捜索を行っている。また、現場周辺の住民が避難した。(写真は中国新聞網のキャプチャー)

     現場は同市中心部の「舞陽バ(土へんに貝)街道弁事処東風大道」沿い。商店や住宅が立ち並ぶ一角の裏山が崩れた。崩れた土砂の量は約3000立方メートルとみられる。

     恩施州当局が事態を重視。州と市のトップの党書記らが現場に急行。警察や消防などによる救助と捜索活動を指揮した。

     恩施市は人口約80万人の中堅都市。今年7月、大雨により深刻な水害が発生。市内を流れる清江の水があふれ、市中心部全域が冠水した。一部の水位は約2メートルに達した。清江の上流では、せき止め湖も出現した。山崩れは、夏の大雨と関連している可能性がある。
    ★参考情報★
    ーーーーーー
    四川省が今年初の山崩れ「赤色警報」 雅安で6人死亡

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    22020年9月29日化 ニュースサイトの新京報などによると、湖北省天門市岳口鎮の譚湖工業園区にある化学中間体メーカー、天門楚天精細化工の工場で28日、爆発が起きた。天門市応急管理局によると、5人が死亡、1人がけがし病院に運ばれた。当局が事故原因の調査を始めるとともに、工場の責任者を拘束した。 (写真は東網のキャプチャー)

     同社は、医薬中間体の研究開発(R&D)と生産、販売が主な事業。関係者によると、設備の試運転中に事故が起きた。ネットに投稿された映像だと、現場では黄色い煙が充満しており、硝酸が漏出した可能性があるとみられる。 同社は今年4月、水質汚染防止装置の不正運用により当局の監視を逃れて汚染物質を排出したとして、天門市生態環境局から罰金47万元の支払いを命じられた。

     中国では化学工場の爆発事故が続いている。8月には湖北省仙桃市と浙江省紹興市で工場の爆発事故が相次ぎ発生し、計13人が死傷、4人が行方不明になった。7月末には、浙江省台州市仙居県の大手医薬中間体メーカーで爆発と火災が起き4人が死傷した。

    ★参考情報★
    ーーーーーーー
    医薬中間体工場で爆発と火災 従業員4人死傷-浙江
    光学機器メーカーで爆燃 作業員2人死亡 江蘇

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     2020年7月22日山ニュースサイトの人民網によると、湖北省恩施市の洪水防止・干ばつ対策指揮部は21日、市内を流れる清江上流に、山崩れが原因でせき止め湖が形成されており、いつでも決壊の恐れがあるとして警戒を呼びかけた。 

     央広網によると、せき止め湖の上流にある雲竜河ダムが放流量を拡大中。湖の下流にある大竜潭ダムも放流を増やしている。当局は、せき止め湖の決壊で影響を受けるの恐れのある住民を、21日午後3時までに避難させた。

     地元の報道によると、恩施市は、既に水害が深刻化している。7月16、17両日に大雨が降り、大竜潭ダムが17日に午前に放流を行ったため、市内の冠水が始まった。17日午後4時、清江の水位が急上昇し、河岸の幹線道路では約2メートルの高さまで水が溜まった。市中心部は全域が冠水し、水位はバスの屋根の高さに達した。同市の人口は80万人を超える。

    ★参考情報★
    ーーーーーー

    このページのトップヘ