中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

    カテゴリ: 福建

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     22021年4月26日特26日付香港紙・東方日報(電子版)によると、福建省アモイ市のマンションのゲート近くで25日、米電気自動車(EV)メーカー、テスラ・モデル3が急発進して電動バイクに衝突、バイクに載っていた親子4人がけがした。運転手の女性(56)は「ブレーキが利かなかった」と釈明している。(写真は東方日報のサイト画面)

     テスラは25日、車両のデータと現場の監視カメラの映像からブレーキの故障はなく、女性が誤ってアクセルを踏み込んだことが事故原因との見方を公表した。車は、時速8.4キロから17.5キロに急加速して、ゲートに衝突。運転手はいったんブレーキを踏んだが、後退の際にアクセルを踏み込んでいた。警察が事故原因を調べている。

     中国では19日、 自動車展示会「上海モーターショー」のテスラの展示場で、女性オーナーが「ブレーキが利かない」などと叫び、同社に抗議する騒動を起きた。テスラは当初、女性の訴えを「不合理」と一蹴したが、中国政府やメディアの批判を受けて謝罪に追い込まれた。

     女性オーナーは5日間の行政拘留となった。25日釈放され、夫とともに河南省に戻ったという。

    ★参考情報★
    ーーーーーーーーー
    テスラ車の欠陥非難し女性暴れる 上海モーターショー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    22021年4月9日爆
     福建省アモイ発湖北省武漢行きの中国国際航空CA8228便が7日午後10時35分に離陸後まもなく、乗客の中年男性が客室内で「機内に爆弾がある」と叫んだため、出発地のアモイ高崎国際空港に引き返した。警察が捜索したところ爆弾は見つからず、中年男性を連行し取り調べている。中国本土のニュースメディア、澎湃新聞が8日伝えた。(写真は澎湃新聞のサイト画面)

     同便は再び同空港を出発し、8日午前4時54分に武漢天河国際空港に到着した。中年男性が叫んだ後、乗客がパニックとなり、気分が悪くなった高齢者が高崎国際空港で手当を受けた。

     中国では2016年1月、海南省海口発山東省済南行きの山東航空SC4808便で、女性乗客が爆弾を持っていると騒いだため、途中の広東省広州の白雲国際空港に緊急着陸した。同年6月には、エジプト航空のカイロ発北京行きMS955便が同日、爆破予告があったため、ウズベキスタンに緊急着陸する騒ぎが起きた。

    ★参考情報★
    ーーーーーー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    22021年3月22日昇 ニュースサイトの網易によると、福建省アモイ市観音山沖の海上で19日午後4時40分ごろ、遊覧飛行をしていた北京泛亜通用航空のベル206B型ヘリコプターが墜落した。乗客乗員4人が全員死亡した。(写真は東網のサイト画面)

     香港メディアの東網によると、墜落したヘリには乗員2人と乗客2人が乗っていた。アモイ市当局と警察、海事、消防などの各機関が救助活動を行い、まもなく3人の遺体を発見。20日午後3時ごろ、残る1人の遺体が海岸で見つかった。

     監視カメラの映像によれば、事故機は機首を下にして一直線に降下して海面に向かい、墜落とともに水柱が上がった。民航華東区管理局の事故調査チームが現地入りし、原因の調査を始めた。

     北京泛亜通用航空は2004年12月発足の一般航空(ジェネラル・アビエーション)会社で、中楚投資(アモイ市)の完全子会社。遊覧飛行のほか、ヘリ操縦士の育成、ビジネス機の運用、ヘリの保守などを主要事業。アモイ市などで多数の遊覧飛行路線を運営している。

    ★参考情報★
    ーーーーーーーー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    22021年2月07日山 福建省泉州市内の南安市で5日午前9時ごろ、山火事が発生し、2キロに先まで燃え広がった。消防隊197人が出動して、約15時間後の6日午前0時半ごろ鎮火した。騰訊網が7日伝えた。

     火元は南安市碼頭鎮と詩山鎮の境界地帯にある森林で、松や低木が主体。無人機による観測で、ふもとに燃え広がる恐れが出たため、火を挟み撃ちにするため、消防隊を2手に分かれて消火を行った。

     雲南省大理市でも6日午後0時39分ごろ山火事があり、消防隊が324人のほか、ヘリコプターを出して消火活動を行った。6日午後6時現在、なお延焼が続いている。

     福建、雲南など中国の南方地区では昨年12月から少雨が続き、降水量は例年の同期に比べ5~8割、雲南の一部では9割も少ない。一部では干ばつの被害が出ているほか、山火事の危険性が高まっていた。

     中国南方地区の広い範囲で7日~10日に雨が降る見通し。一部では大雨となる見込みで、干ばつの緩和が期待されている。江西、福建、雲南などの6省では、航空機やロケット、ミサイルなどを集結させ、人工降雨作戦の準備を整えた。

    ★参考情報★
    ーーーーーーー
    四川・涼山で山火事、火が市街地へ 消火の18人死亡
    内モンゴルの大興安嶺で山火事 消火作業中の幹部死亡

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    22020年12月17日核 米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、中国国家核安全局は14日、福建省福清市の中核集団福清原子力発電所5号機で10月27日、主蒸気管が振動する異常があり原子炉を緊急停止したことを明らかにした。同局は、放射線漏れは起きず、操作員や環境への影響はなかったとしている。(写真は博訊新聞網のキャプチャー)

     福清原発は、台北の北西232キロ。5号機には、中国が完全自主開発したと称する第3世代原子炉「華竜一号」が初めて設置され、11月27日に初の送電に成功した。

     国家核安全局の発表では、10月27日の試験運転中、主蒸気管に激しい振動が起き、各蒸気管の間で圧力差が拡大。冷却水注入用の安全装置が作動した。実際の注入はなかったが、原子炉は緊急停止した。同局は、7段階の国際原子力事象評価尺度(INES)で、安全上の問題がない「0」と認定した。

     福清原発は1号機が2013年11月に運転を始めた。業界団体の中国核能行業協会によると、2020年6月末現在、中国で運転中の原子炉は47基を数える。

    ★参考情報★
    ーーーーーーーー

    このページのトップヘ