中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

    カテゴリ: 政治

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    22021年5月13日信 中国国家インターネット情報弁公室は12日、コネクテッドカー(つながる車)による情報収集に対する規制の草案を発表し、意見公募を始めた。米電気自動車(EV)大手のテスラを狙い撃ちしたとの見方も出ている。香港のニュースサイト東網が12日伝えた。 

     規則の草案によると、コネクテッドカーのデータベースの管理者は、データ収集に先立ち運転者の同意を取り付けることが必要。また、データを処理する際、データの種類や保管場所、使用目的、第三者への提供の有無を、事前に同弁公室に届け出る必要がある。すべての個人データは中国国内で保管することを義務づけ、海外に提供する場合は当局の許可が必要となる。

     テスラは12日夜、規則を支持し、全面的に協力するとのコメントを発表した。

     テスラは先に、中国ユーザー専用のデータベースを年内に構築し、公開する方針を明らかにした。ただ、中国ではテスラが収集した個人情報の漏えいに対し不安の声が出ている。また、中国当局は、テスラが車を通じて情報を集め、スパイ活動を行うと警戒。軍人や情報機関員のテスラ利用や軍事施設周辺でのテスラの運転を禁じた。


    ★参考情報★
    ーーーーーー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     中国政府は26日、「対スパイ安全防備活動規則」を公布した。「対スパイ安全防備重点団体リスト」を作成し、掲載企業にスパイ対策を義務付けた。違反があれば、刑事責任を受ける。台湾中央通信社が27日伝えた。

     リストは、情報機関の国家安全省が作成。企業・団体の性質や業界、機密への関与レベル、海外交流の度合い、過去の国家の安全を脅かす事件の有無などを基準に、定期的に改訂する。

     同規則は「行政機関、団体、企業その他の社会組織が、スパイ取り締まり活動に主体的な責任を負う。犯罪を行った場合は、刑事責任を問う」と規定。スパイ対策を怠れば責任を追及することを明文で定めた。

     新華社通信によれば、国家安全省の幹部は「現在、海外の情報機関や各種敵対勢力の機密窃取活動が激化し、国家の安全と国益の深刻な脅威となっている」と指摘。「中核的な分野で、スパイ対策で主体的に責任を負う体制がまだない」と述べ、規則制定の意義を強調した。

     同規則は、国家安全省が企業団体向けに、ガイダンスなどの宣伝教育材料を作成。また、書面の指導や研修など各種の方法により、スパイ取り締まりの啓蒙活動を徹底する方針も示した。

    ★参考情報★
    ーーーーーー
    スパイ罪の日本人男性2人、控訴審で有罪判決確定

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    22021年4月27日団
     台湾中央通信社などによると、中国国家市場監督管理総局は26日、電子商取引(EC)大手の美団(北京市)に対し、調査を始めたと発表した。取引先に同社のサービスだけを利用するよう迫る「二者択一」などの独占的行為を行っていた疑いがある。(写真は東網のサイト画面)

     中国当局は2020年末から、ECとフィンテック大手に対し、独占的行為の取り締まりを強化。中国EC最大手の阿里巴巴(アリババ)集団や大手の唯品会電子商取引(EC)が調査対象となり、それぞれ182億2800万元(約3000億円)と300万元の罰金支払いを命じられた。 

     美団は、食事の出前サービスでは中国最大のプラットフォームを運営。自転車のシェアリングサービスや、レジャー産業にも進出している。最大の出資者は、インターネットサービス大手、騰訊(テンセント)。中国当局は3月、テンセントの創業者、馬化騰氏も、独占的行為の疑いで事情聴取を行っている。

     美団は先に、傘下で住宅街向けのグループ購入サービスを手掛ける深セン美団優選が、同総局から150万元の罰金支払いを命じられた。

    ★参考情報★
    ーーーーーーー
    テンセント創業者、独禁法違反容疑で当局が事情聴取か
    中国当局、メディア撤退アリババに要求か WSJ報道

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     22021年4月27日苗米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、映画「ノマドランド」で中国北京出身のクロエ・ジャオ監督が米アカデミー賞の作品賞と監督賞を受賞したニュースが26日現在、中国のインターネット上で閲覧できない状態になっている。ジャオ監督がかつて「中国はうそであふれた国」と発言したことが問題視されたとみられる。(写真はVOAのサイト画面)

     ジャオ氏は2月末に、米ゴールデン・グローブ賞の作品賞と監督賞を受賞した際、中国政府系メディアは「中国の誇り」とたたえた。ところがジャオ監督の発言が伝わると「中国を侮辱している」との批判が巻き起こり、4月23日に予定されていた「ノマドランド」の中国公開も中止になった。

     ジャオ監督は1982年生まれの39歳。父は、中国の鉄鋼大手、首都鋼鉄の元総経理、継母は元女優。14歳で英国の寄宿学校に入り、米マウント・ホリオーク大を経てニューヨーク大学・ティッシュ芸術学部で学んだ。

     ジャオ監督は、米専門誌「フィルムメーカー」の取材に対し「子どものころ、得られる情報はみな正確ではなかった。私は自身の家族や背景に非常に反発するようになった。英国に行き初めて歴史を学び、情報で自身を武装した」とも語っている。

     ジャオ監督はまた、米サンタバーバラ国際映画祭で「何年かたてば、自分が子どものころの経験を、ようやくスクリーンに持ってこられるだろう」とも語っている。

     ジャオ監督の作品や発言は、中国で閲覧不能の状態が続く可能性がある。

    ★参考情報★
    ーーーーーーーーーー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    22021年4月22日特 台湾中央通信社によると、自動車展示会「上海モーターショー」の米電気自動車(EV)メーカー、テスラの展示場で、女性オーナーが「ブレーキが利かない」などと叫び、同社の対応に抗議した事件で、同社は20日夜、SNSの公式アカウントで謝罪文を掲載した。テスラは、女性の訴えが不合理だとして「妥協しない」としていたが、中国での批判の盛り上がりを受け、一転して謝罪した。

     謝罪文は「速やかにオーナーの問題を解決できなかったことに、深いお詫びの気持ちを表明する。最も誠意ある態度で、解決方法を求めたい」とした。

     中国共産党中央紀律検査委員会(中紀委)は、ウェブサイトで上海の事件を取り上げ、企業に法律を守り、消費者を尊重するべきだとする論評を掲載。企業に対し、消費者が権利上、合理的な要求をした場合、解決するよう求めた。国家市場監督管理総局も、事件へ注目を表明し、上海市などの下部機関に、消費者の権利保護を行うよう求めたことを明らかにした。

     香港のニュースメディア、東網によると、中国の一部の省・自治区・直轄市で、自動車保険会社の中国平安汽車保険が、テスラの新車について新規保険契約を拒否していることが分かった。継続契約についても、条件を厳しくしたという。メディアの取材にこの保険会社は「うわさ」として否定した。

     女性は19日、「ブレーキが利かない」の文言入りのTシャツを着てテスラの展示場に現れ、ルーフ登ってこの文言を叫ぶなどした。女性は警察に連行され、公共の秩序を乱した罪で5日間の行政拘留を命じられた。

    ★参考情報★
    ーーーーーー
    テスラ車の欠陥非難し女性暴れる 上海モーターショー
    テスラが絡む事故頻発 突然加速の疑いも原因不明

    このページのトップヘ