中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

    カテゴリ: 事件・事故

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    22021年5月13日電 14日付台湾紙・聯合報によると、台湾高雄市の超高圧変電所で13日午後2時37分ごろ発生した故障のため、同市の台湾電力興達石炭火力発電所の発電設備4基が全部、緊急停止した。台湾全土で輪番停電が行われ、工場や商業、交通が大きく混乱した。(写真は東網のサイト画面)

     台湾中央通信社によると、電力供給は同日午後8時ごろ正常化するまで、輪番停電は5時間以上続いた。全土で400万世帯が影響を受けた。台北など各地で、エレベーターに閉じ込められ、消防に救助を求める事例が数十件起きた。一部で交通信号が止まり、警察官が誘導に当たった。

     台湾経済の中核である台湾積体電路製造(TSMC)やなど半導体やパネル工場は、台湾電力による優先供給で停電は起きず、通常の生産を維持した。TSMCの担当者は「一時、電圧の低下が起きたが、電力供給は正常だった。」と話している。

     台湾はまもなく、夏の訪れとともに電力需要のピークを迎えるが、台湾電力は「大規模な火力発電設備の点検と保守工事がが5月終わる」として、電力供給に懸念がないことを強調した。

     台湾では17年8月15日にも、約6時間にわたる大規模な停電が起き、668万世帯が影響を受けた。

    ※出典

    https://udn.com/news/story/122176/5456740?from=udn_ch2_menu_v2_main_cate
    https://www.cna.com.tw/news/firstnews/202105135019.aspx
    https://www.cna.com.tw/news/firstnews/202105135015.aspx


    ★参考情報★
    ーーーーーー
    中国上海、北京でも計画停電 設備保守のためと当局
    中国広東省広州市で停電 12時間後復旧、故障が原因と当局

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     22021年5月13日電香港メディアの東網によると、陝西省西安市雁翔路地区の地下鉄5号線の「理工大曲江校区駅」の出入り口近くで13日午後5時ごろ、道路面が突然陥没し、電動バイクで通行中の女性が転落した。女性は午後7時20分ごろ救出されたが、病院搬送後に死亡が確認された。当局が事故原因を調べている。

     中国のニュースサイト、北京日報によると、穴は面積約60平方メートル、深さ5メートル。女性は転落後、崩れた土砂や岩に埋まった。消防隊員が急行して、土砂と岩を取り除き女性を救出した。

     中国は道路面が突然陥没し、通行人らが死傷する事故がしばしば発生。今年1月には、河南省鄭州市中心部の交差点付近で、地中の熱水供給管が破裂して地面が陥没。電動バイクで通行中だった1人が転落して死亡した。20年1月には、青海省西寧市で路面が陥没して路線バスが転落し、少なくとも9人が死亡した。

    ★参考情報★
    ーーーーーー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     四川省成都市の「成都市第四十九中学」で9日、高校2年の林唯麒さんが校舎から転落死し、住民らが真相究明を求めてテモを行った事件で、中国国営新華社は13日、事件は自殺だったとする詳しい説明を伝えた。事件の沈静化を図ったとみられる。台湾中央通信社が13日伝えた。

     林さんの死亡後、母親がSNSで学校側の連絡が遅れたことや、監視カメラの映像を見せないことを批判。警察の公式発表も極めて短く、住民らが死因に疑念を持ち、11日に学校前で説明を求める大規模なデモを行った。ネット上には、林さんが殺害されたとのうわさも流れた。

     新華社が伝えた成都市公安局(警察)の説明では、林さんは転落死前、刃物で左腕を切る動作をするもようが監視カメラに写っていた。また、林さんが使っていたスマートフォンには、友人に投身自殺したいと伝える昨年6月のメッセージが残されていた。新華社はまた、母親への連絡が遅れた原因に関する、学校側の説明も伝えた。

     新華社の報道後、他の政府系メディアも、死亡原因に関する疑問を伝えることをやめ、学校と警察の対応のやり方に対する批判への論調の軸足を移した。

     米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、中国では最近数カ月間に、学校内で15歳前後の生徒が転落死する事件が少なくとも4件発生。江西省では、死亡した女子生徒の母親が、懸賞金20万元(約340万円)を用意して、真相に関する情報提供を呼び掛けている。

    ★参考情報★
    ーーーーーー
    朝鮮族学校でも漢語教育強化 各地で反発

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    22021年5月13日四
     台湾中央通信社によると、中国四川省成都市の「成都市第四十九中学」で9日、高校2年の林唯麒さんが校舎から転落して死亡した。当局が11日、自殺と認定し刑事事件の可能性を否定したのに対し、同校の父母ら住民多数が校門前に殺到。説明を求めて抗議活動を行ったが、警察が鎮圧に乗り出し終息した。(写真はRFAのサイト画面)

     米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、母親によると、林さんは9日午後5時40分登校したが、学校から午後9時、校舎の廊下から転落死したと告げられた。母親は、監視カメラの映像を見せられたが、死亡直前の映像は抜けていたという。

     林さんの親友が10日、同校の校門前に集まり説明を求めたとろ、賛同する住民が続々と集まり始め、夜半まで抗議を続けた。成都市当局は11日、林さんの死亡を自殺と断定し、事件性を否定する声明を発表したが、駆けつける住民の数が増え続けた。それぞれ白バラを手に持ち、真相を明らかにするよう求めた。

     SNSによると、警察が11日夜に鎮圧に乗り出し、住民多数を拘束。抗議活動は、警察が住民を排除して終息したという。中国政府系メディアも、一部が当初、学校の対応を疑問視したが、まもなく沈黙した。
     中央通信社によると、四川省公安庁(警察)は12日、「敵対勢力が国家の安全と安定を破壊することを阻止しない。カラー革命(民主化運動)の発生を絶対に許さない」とするコメントを発表した。

    ★参考情報★
    ーーーーーー
    マンション所有者数百人がデモ 下水処理設備に反対 深セン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    22021年5月13日火 浙江省杭州市西湖区の病院「銭塘医療」の外来部門で11日午後9時36分ごろ、火災が発生した。消防隊が出動して約20分後に鎮火したが、患者ら18人がけがし、うち1人が死亡した。警察は病院の責任者を拘束し、出火原因などを調べている。ニュースサイトの紅星新聞が伝えた。(写真は東網のサイト画面)

     けが人のうち2人は退院したが、13人は入院中。西湖区当局は、区内の病院などに対し安全検査を実施することを決めた。
    ホテル隣接のビルで爆発、3人けが 電動バイク爆発か 広東
    上海中心部の中層建物で火災 けが人なし

    このページのトップヘ