2018年5月13日四14日午前7時42分ごろ、重慶発ラサ(チベット)行きの四川航空のエアバスA390型機「3U8633便」が飛行中、操縦席の前方のガラスが割れ、緊急事態を宣言した後、成都双流空港(四川)に緊急着陸した。乗組員1人がけがした。乗客のけがの有無は分かっていない。成都商報が14日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)