20230927taiwan台湾の中央通信社によると、来年1月の台湾総統選が近づくにつれて、台湾で中国発とみられるニセ情報が拡散し始めた。英誌エコノミストは「中国は台湾の選挙民に、米国こそ台湾の最大の脅威との認識をもたせようとしている」と報じた。

 台湾紙の聯合報は7月、消息筋の話として、米国が台湾国防省に「P4高度安全実験室」を新設され、ウイルスび開発能力を持たせようとしていると伝えたが、米台の当局者は直ちに否定した。中国発のニセ情報とみられる。その後も内容を変えて類似の情報が流れた。 


◇出典

https://www.cna.com.tw/news/aipl/202309270050.aspx