20221206火 中国メディアの中国証券報によると、江蘇省徐州市の徐州経済技術開発区の金鳳路西側にある太陽電池材料メーカー、弘元新材料の工場建設現場で2日午後4時50分ごろ、火災が発生した。消防などが出動し消火に当たり、逃げ遅れた作業員を救出したが、5人が死亡、2人が行方不明になった。(写真は東網のサイト画面)

 香港メディアの東網によると、火の勢いは強く、建設中の工場建屋か大量の濃煙が立ち上った。消防隊到着後、約5.5時間かかってようやく鎮火した。徐州市応急管理局は事故調査チームを発足させ、出火原因の調査を始めた。

 同社は、上海上場の太陽光発電設備の製造会社、無錫上機数控(江蘇省無錫市)の完全子会社。計画によると、工場の年産規模は単結晶シリコンの25ギガワット、太陽電池24ギガワット。今年8月16日に工事が始まり、11月6日に最初の設備が運び込まれた。

 無錫上機数控によれば、工場は賃貸物件で、投資者、建設請負業者とも同社とは無関係。死傷者にも同社関係者は含まれていなかった。火災で搬入済みの設備が被害を受けたが、同社の前年の純利益の10%以下とみられるという。


◇出典

https://pdf.dfcfw.com/pdf/H2_AN202212041580799325_1.pdf?1670238792000.pdf

https://pdf.dfcfw.com/pdf/H2_AN202212051580828924_1.pdf?1670266403000.pdf

https://mp.weixin.qq.com/s/dalNqEufybru-UebNSel2w

https://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/cnnews/20221203/bkn-20221203120040834-1203_00952_001.html

◇参考情報
宅配便配送センターが爆発炎上 2人死亡2人重傷