20221005金 米誌フォーブズ(電子版)は3日、中国の金融危機の悪化が止まっておらず、当局が果断な措置を行わない限り、今後もさらに深刻化すると指摘する論評を掲載した。(写真はRFAのサイト画面)

 中国の金融危機の悪化は1年余り前、大手不動産開発会社の中国恒大集団が債務3000億ドルの履行不能を宣言した際に始まった。しかし中国当局は事態を理解せず、危機の連鎖を止めるための措置を迅速かつ徹底的に行うことに失敗した。

 同誌によれば、中国の各銀行は既に貸出金の巨額損失を見越して、貸倒引当金を計上。このために債券市場を通じて調達した資金は、前年同期比30%増えた。 

 中国経済の低迷は、新型コロナウイルス感染拡大防止のための都市封鎖や隔離が原因との指摘が多い。これも原因の一つだが、中国政府と西側メディアは、金融危機の影響の大きさを過小評価している。

◇出典

https://www.forbes.com/sites/miltonezrati/2022/10/03/china-is-suffering-a-major-financial-crisis/?sh=59eb514d4775

https://www.rfa.org/mandarin/Xinwen/10-10042022163851.html


◇参考情報
各地で住宅ローン返済拒否の動き 当局が危機感
恒大集団の広州事務所前で抗議活動 返金など要求