20220916台中国メディアの京報網によると、台風12号(ムイファー)は15日午前0時半、上海市奉賢区に上陸した。中心付近の最大瞬間風速35メートル、中心気圧は975ヘクトパスカルで、上海市中心気象台によると、同市に上陸した台風としては73年間で最強となった。(写真は東網のサイト画面)

 上海市当局によると、市内で計42万6000人が避難。うち浦東新区は市内最多の14万7000人が避難した。けが人の情報はない。

 中国新聞網によると、台風12号は20~25キロで北東に進み、16日午前、山東省青島市に再上陸した。その後、渤海を進んで、16日夜には、遼寧省大連市の旅順口区から荘河市にかけて地帯に上陸が見込まれてる。

 上海市では14日午前7時から15日午前6時までに、観測所731カ所のうち700カ所で激しい雨を観測。市内の道路39カ所が冠水したほか、街路樹数百本が倒れたり折れたりした。倒れた街路樹や広告塔で、建物のカーテンウォールの損壊も相次いだ。

 上海市の浦東、崇明、奉賢などで15日、各学校を半日休校にしたり、登校を遅らせるなどした。上海市の地下鉄は運転に影響が出たが、15日午前中に通常運転に戻った。

◇出典

http://www.chinanews.com.cn/sh/2022/09-16/9853522.shtml

https://baijiahao.baidu.com/s?id=1744011446463611585&wfr=spider&for=pc

https://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/cnnews/20220915/bkn-20220915082951106-0915_00952_001.html

https://m.gmw.cn/baijia/2022-09/16/1303142767.html