20220819青中国メディアの中国新聞網によると、17日午後10時25分ごろ、青海省都西寧市の大通県で土石流が起きた。18日午後8時現在、17人が死亡、17人が行方不明になっている。土石流では8町村に住む1517世帯の6245人が被災した。(写真は中国新聞網のサイト画面)

 新華社によると、大通県の当局が18日に会見。土石流の原因について、最近の連日の大雨で土壌の水量が飽和状態になっていたこと、直前に短時間で大量の雨が降ったこと、17日夜の集中豪雨で付近を流れる川の水量が毎秒100立方メートルに急増したことの3点を挙げた。

 中国中央テレビによれば、中央政府の国家減災委員会と応急管理省は「国家3級災害応急対応」を発動。現地政府による住民の救助活動へ支援を始めた。青海省政府は武装警察や応急対応機関などの約2000人、車両約160台を被災地に派遣して、行方不明者の捜索を行った。

 中国新聞網によると、18日正午現在、土石流の死者は16人、行方不明者は36人だったが、その後、20人が救出されたり、新たな死者が確認されるなどした。

◇出典

http://www.chinanews.com.cn/gn/2022/08-18/9831215.shtml

http://www.chinanews.com.cn/sh/2022/08-18/9830667.shtml

https://baijiahao.baidu.com/s?id=1741526013955477772

https://www.cna.com.tw/news/acn/202208180212.aspx


◇参考情報