20220816鵬中国メディアの澎湃新聞によると、浙江省寧波市の高速道路で10日、中国電気自動車(EV)メーカー、小鵬汽車(広東省広州市)の「P7」が、停車中の故障車と衝突した。故障車の運転手が死亡した。P7は、運転支援システムが作動中だったとみられる。(写真は澎湃新聞のサイト画面)

 P7は同システムを作動させ、時速80キロで走行していたところ、前方に止まっていた故障車に追突。故障車は尾部た激しく壊れ、P7も前部が損傷した。システムは、故障車を認識せず警報も発しなかった。

 地元の交通警察は「事故を起こした車の運転手を呼び、調書をまとめた。事故が運転支援システムに関係するかどうかは、当面確認できない」と述べた。

 小鵬汽車の担当部門の責任者は11日「オーナーの1人が10日に寧波で、前方の故障車に衝突し、運転者を死亡させたのは事実だ」と認めた上、警察に協力し、販売店の担当者を現場に向かわせたと述べた。

 中国ではEVの普及に伴い、事故も増加。7月には河南省ラク(さんずいに累)河市で、猛スピードのEVが歩行者を次々にはね、1人が死亡、5人がけがした。6月には、上海市嘉定区安亭鎮の駐車場ビル「上海汽車創新港」の3階から、新興EVメーカー、蔚来汽車(NIO、上海市)の車1台が地上に転落。テストのため車内にいた同社職員ら2人が死亡した。

◇参考情報
EVが歩道暴走、歩行者はねる 6人死傷、女性拘束 ライドシェア車が暴走 電動バイクに衝突、4人死傷 湖南