海南省衛生健康委員会の9日の発表によると、海南省で8日に確認された新型コロナウイルスの新規感染者は471人だった。うち有症が300人、無症状が171人。地域別では三亜市が379人で全体の4割を占めた。うち有症が234人、無症状が145人だった。8月1日~8日の累計では1863人で、うち三亜市が1546人だった。

 香港メディアの東網によると、海南省は、感染地域が拡大しており、8日までに13県・市で感染者が見つかった。海南省は感染の急拡大期に入ったとみられ、市中感染のリスクが拡大している。

 中央政府の対策チームが8日正午、海南省に到着し、指導を始めたほか、1日115万件を分析できるPCRの検査装置を運び入れた。

 なお韓国外務省は8日、三亜市が都市封鎖となった影響で、韓国国民10数人が現地に足止めされていると発表した。韓国政府は、自国民の支援に向け、三亜市政府と話し合いを進めている。

◇出典

http://wst.hainan.gov.cn/swjw/ywdt/ttxw/202208/t20220809_3244812.html

https://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/cnnews/20220808/bkn-20220808152154153-0808_00952_001.html

◇参考情報
深センでBA.2市中感染拡大 検査員1万人投入