20220808海 中国メディアの中国新聞網によると、海南省三亜市では1日に、新型コロナウイルス・オミクロン型の派生型「BA.5.1.3」の感染者を確認後、急速に感染が拡大しており、7日正午現在の感染者は計971人となった。当局が6日、主要部の封鎖に踏み切ったため、観光地の同市では、観光客8万人余りが足止めになった。うち3万2000人はホテルに滞在している。(写真は東網のサイト画面)

 三亜市政府は各ホテルに対し、滞在を続ける宿泊客に対し、料金を半分に引き下げるよう求めた。客が別のホテルに移る場合、インターネットのホテル予約サイトに掲示された宿泊料の半分で提供するよう要請している。

 三亜市の三亜鳳凰国際空港では6日、多数の便が欠航となり、観光客ら約3000人が一時空港内に足止めとなった。市政府によると、同市の緊急対応措置により、滞留の観光客の滞在先として、市内のホテル十数店を手配した。市政府は専門班を立ち上げ、これら観光客の食事や宿泊の手配、PCR検査、生活物資に配給などを行っている。

 一方、海南省の省都、海口市は7日夜、コロナの感染拡大防止のためとして、8月午前6時から午後7時まで、全市を一時封鎖すると発表。全住民に、外出を禁じた。

◇出典

https://www.chinanews.com.cn/sh/2022/08-07/9822065.shtml

https://www.chinanews.com.cn/gn/2022/08-08/9822094.shtml

https://www.chinanews.com.cn/cj/2022/08-08/9822126.shtml

https://www.163.com/dy/article/HE694A6H0514BE2Q.html

https://www.cna.com.tw/news/acn/202208070159.aspx


◇参考情報
深センでBA.2市中感染拡大 検査員1万人投入
BA.5型拡大で41都市まひ 検査主体の防疫に限界か