20220802池中国メディアの澎湃新聞によると、青海省海南チベット族自治州の共和県で7月31日午後2時ごろ、水田の貯水池に転落した子ども1人と、救助しようとした親類5人の計6人が水死し、1人がけがした。(写真は東網のサイト画面)

 子どもは足を滑らせて貯水池に落ち、救助のため水に入った親類が次々に溺れた。州と県の警察や消防が急行して6人を救出したが、3人は既に死亡、3人は病院に運ばれた後、亡くなった。州と県の政府が、事故原因を調べている。

 警察などのまとめによると、7月に入り中国各地で溺死事件が20数件発生し、死者・行方不明者が数十人に上っている。うち30数人は未成年者だった。

 7月25日は、広東省茂名市浜海新区は、子ども5人が海岸で遊んでいたところ、男児4人が溺死した。17日には、河北省邯鄲市の川で遊んでいた少年4人が水死。11日には広西チワン族自治区柳州市で、10代の生徒3人が溺れて死亡した。

 中央政府の教育、公安、民生など5省は、小中学生の溺死事故を予防するよう通知を発出。農村地区の学校周辺で危険箇所がないか点検することや、危険な水域でのパトロールの強化、危険箇所でのフェンスなどの設置など予防策を行うよう命じた。

◇参考情報

https://www.thepaper.cn/newsDetail_forward_19264917