20220627上中国のニュースメディア、中国新聞網によると、上海市政府は26日、新型コロナウイルス関連の記者会見を開き、29日から店内での飲食を解禁すると発表した。感染リスクの等級「中」の地域がなく、市中での感染者が過去1週間いない場合、認められる。各店は、テーブルの配置や客数の制限、食前食後の消毒などの対策が義務づけられる。(写真は東網のサイト画面)

 一方、上海市トップの李強党書記は25日、市内で開かれた上海市の党代表会議で、コロナ対策について、市中感染のゼロを達成し「大上海の防衛戦に打ち勝った」と宣言した。李書記は、2020年以降、習近平総書記(国家主席)の指導のもと「ゼロコロナ」の総方針を堅持して、特に今年3月以降の厳しい局面を克服したことを強調。「党中央の意思決定と施策は、完全に正確だった」と総括した。

 台湾の中央通信社によると、上海では、店内での飲食が認められないことに不満の声が噴出。SNSには「小さな食堂は潰れてしまう」、「みんな失業」、「地下鉄は満員なのに、飲食店はだめ」などの投稿が相次いだ。

 無料通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の飲食店関係者のグループ内では「店内飲食は認められないのに、高額な賃貸料や不動産管理費、従業員賃金の全額支払いが求められる」などと苦境を訴える投稿がみられた。一部では、密かに違法営業をしている店もあるという。

 中国メディアの澎湃新聞によると、飲食店以外も苦境下にある。卸売市場の「上海七路服飾批発商圏」では、営業再開が認められた後も半数が閉店中。納入業者の大部分は市外から来るが、上海への渡航歴があると、その後行動制限を受けることがあるため、上海に来たがらない状態だという。

◇出典

http://www.chinanews.com.cn/sh/2022/06-26/9789144.shtml

http://www.chinanews.com.cn/gn/2022/06-25/9788388.shtml

https://www.cna.com.tw/news/acn/202206260131.aspx


◇参考情報
上海で市中感染者3人 再封鎖のうわさ当局は否定
上海で外出解禁 北京は「端午節」の自粛要請