20220624上中国のニュースメディア、環球網などによると、22日午後5時17分ごろ、上海市嘉定区安亭鎮の駐車場ビル「上海汽車創新港」の3階から、米ニューヨーク市場に上場する中国の新興電気自動車(EV)メーカー、蔚来汽車(NIO、上海市)の車1台が地上に転落した。テストのため車内にいた同社職員ら2人がけがをして病院に運ばれたが、その後死亡した。(写真は星島日報のサイト画面から)

 NIOが23日夜、コメントを発表し、事故の概要を説明。死亡した2人に哀悼の意を示す一方、現場の状況から「事故と車本体は無関係」と指摘したところ、不謹慎な発言としてネット上で批判が噴出。同社が直ちコメントを修正した。同社は、警察と協力し事故原因の究明を進めている。

 香港メディアの星島日報によると、事故車は横向きで地面に落ちていた。ルーフが大破しており、逆さまの状態で地上に激突した可能性がある。周辺にはコンクリートやガラス片が多数、散乱していた。

 同社は公表していないが、事故を起こしたのは、今年9月に納車予定の「ET5」とみられる。最新式の自動運転システムが搭載されている。香港メディアの東網によると、事故車は同社の旗艦車「ET7」だったとの見方もある。ネット上では、同システムと事故に関係があるのではないかとの憶測が広がっている。 

 NIOは2014年に発足し、18年にニューヨーク市場、今年3月には香港市場に上場した。新興EVメーカー各社の中で、販売台数がトップクラスにある。

◇出典

https://t.ynet.cn/baijia/32962366.html

https://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/cnnews/20220623/bkn-20220623160139027-0623_00952_001.html

https://www.cna.com.tw/news/acn/202206230398.aspx

https://std.stheadline.com/daily/article/2471489/%E6%97%A5%E5%A0%B1-%E4%B8%AD%E5%9C%8B-%E8%94%9A%E4%BE%86%E8%A9%A6%E8%BB%8A%E5%A2%AE%E6%A8%93%E5%85%A9%E6%AD%BB-%E7%BF%BB%E5%8D%A7%E8%B7%AF%E4%B8%AD%E6%B3%A5%E5%A1%8A%E5%9B%9B%E6%95%A3


◇参考情報
広西・百色の大学で電動バスが自然発火 4台が全焼 
ライドシェア車が暴走 電動バイクに衝突、4人死傷 湖南