20220621京 中国メディアの中国新聞網によると、新型コロナウイルスの集団感染が起きた、北京市朝陽区三里屯のバー「天堂超市」について、北京市当局は20日、記者会見で、同店に絡む感染者は、軽症と無症状者が97.1%、普通症状が2.9%で、重症・重体の感染者はいないことを明らかにした。同店関連の感染者は、9日~20日午後3時の累計で377人だった。(写真は東網のサイト画面)

 当局によると、同店関連の感染者のうち17~28歳が全体の73.9%。現在、感染者のうち98人が北京地壇病院、279人が仮設病院の小湯山病院に収容されている。

 当局によると、感染者は多くが家族や友人への感染や失業、後遺症などを心配しており、病院や専門スタッフが心理的なケアを実施している。また、収容中の感染者のうち学生の一部は、個室が与えられ、オンラインで授業を受けているという。

 北京市衛生健康委員会によると、北京市で20日に確認されたコロナの新規感染者は5人。うち有症が3人、無症状が2人だった。また、イタリアから北京首都空港に入国した中国籍の1人の陽性が確認された。

◇参考情報

http://www.chinanews.com.cn/gn/2022/06-20/9784561.shtml

http://news.hexun.com/2022-06-20/206184611.html

https://m.gmw.cn/baijia/2022-06/21/35824725.html

◇参考情報
北京のバー起点コロナ感染者288人 三里屯の74店営業停止
北京のバー起点にコロナ166人感染 朝陽区が全員検査へ