20220525常中国メディアの央視網によると、江蘇省常州市武進区の住宅地「湖塘花園新村小区」内の住宅の1戸で24日午後8時45分ごろ爆発があり、建物が崩落した。住民とみられる6人ががれきの下敷きになり、消防などが急行し25日未明、全員救助したが、1人が死亡、5人が重軽傷を負った。(写真は中華網のサイト画面)

 集合住宅は、2階建ての低層の建物で、爆発した1戸の面積は約100平方メートル。消防などは、ボンベ入りのプロパンガスが漏れ、爆発したとみて原因を調べている。

 別のメディア、封面新聞によると、爆発が起きたのは建物内にある飲食店で、衝撃で建物全体が崩落した。死傷者は食事客だったという。付近の飲食店や商店も、ガラスが割れるなど大きな被害が出た。

 中国では、住宅や店舗でのガス爆発が頻発。昨年11月には、内モンゴル自治区フフホト市の集合住宅の爆発で15人が死傷した。10月には、遼寧省瀋陽市の飲食店のガス爆発で57人が死傷。湖北省十堰市では昨年6月に起きた食品市場内でのガス爆発事故で、少なくとも25人が死亡した。

◇出典

https://news.china.com/hotnews/13004478/20220525/42376927.html

https://baijiahao.baidu.com/s?id=1733748742258629952

https://std.stheadline.com/daily/article/2464711/%E6%97%A5%E5%A0%B1-%E4%B8%AD%E5%9C%8B-%E5%B8%B8%E5%B7%9E%E9%A4%90%E9%A4%A8%E7%88%86%E7%82%B86%E5%82%B7-%E5%85%A9%E5%B1%A4%E9%AB%98%E6%A8%93%E5%9D%8D%E5%A1%8C


◇参考情報