20220524北中国のニュースサイト、光明網によると、北京市石景山区政府は23日未明、新型コロナウイルスの感染拡大の防止のため、都市機能の維持に不可欠な一部の事業所を除き、区内の全企業団体に対し、在宅勤務を指示した。期間は28日まで。(写真は中央社のサイト画面)

 台湾の中央通信社によると、北京市では16区のうち在宅勤務の指示が出たのは、朝陽区、房山区、海淀区などに続き石景山区が6区目。6区の人口は、北京の人口2188万6000人の半数を占める。また、都心部の6区のうち、同様の指示が出ていないのは、中国政治の中枢「中南海」がある西城区と東城区の2区だけとなった。

 光明網によると、指示が出ている区では、企業が必要があって職員を出勤させる場合も、全員の30%の以下に制限される。また、出勤する職員は、48時間以内に発行されたPCR検査の陰性証明書の持参が必要。さらに、在宅勤務者は、なるべく外出を控えるよう求められる。

 北京市衛生健康委員会によると、市内で24日に確認された新型コロナウイルスの新規の有症感染者は41人、無症状感染者は7人だった。

◇出典

https://m.gmw.cn/baijia/2022-05/23/1302959298.html

https://3w.huanqiu.com/a/26ef70/48811Pkq7AF

http://wjw.beijing.gov.cn/xwzx_20031/wnxw/202205/t20220524_2719044.html

https://www.cna.com.tw/news/acn/202205230015.aspx

◇参考情報
北京地下鉄が101駅閉鎖 連日50人の新規感染者
北京大構内にコロナ隔離柵 学生ら抗議集会