20220519鶏香港衛生署は18日、中国本土の広西チワン族自治区百色市の男性(49)が鳥インフルエンザ(H5N6型)に感染し死亡したと発表した。男性は感染前、生きた家きんを売る市場に出入りしていた。(写真は東網のサイト画面)

 同署によると、男性は4月16日に発症し、18日に入院したが、24日に死亡した。中国当局の通知によれば、中国本土のH5N6型の感染者は2014年からこれまでに計78人となる。

 中国本土では14年以降、広西のほか広東、四川、雲南などでH5N6型の感染者の確認が続いている。中国メディアの健康時報によると、広西では昨年11月、柳州市で男女2人が感染した。

 中国本土ではまた、H5N6型以外の感染者もしばしば報告されている。広西では昨年11月、女児1人がH9N2型に感染した。今年4月には、河南省駐馬店市で男児1人がH3N8型に感染し、この型では世界で初めてヒトへの感染例となった。


◇出典

https://www.info.gov.hk/gia/general/202205/18/P2022051800420.htm

https://baijiahao.baidu.com/s?id=1726823982169474471&wfr=spider&for=pc

https://baike.baidu.com/item/H5N6%E7%A6%BD%E6%B5%81%E6%84%9F%E7%97%85%E6%AF%92/13861106?fr=aladdin

◇参考情報
湖南省で鳥インフルH5N6型の感染者 病状は深刻
広東東莞でH5N6型鳥インフル患者 9月にも