20220509港 香港で8日、行政長官選挙の投開票が行われ、唯一の候補者だった李家超・前政務官(64)が当選した。李氏は警察出身で、2019年に香港で起きた反中デモに強硬姿勢で臨んだ。李氏は長官就任後、中国政府の香港政策に一層迎合するとみられている。台湾の中央通信社が8日伝えた。(写真はVOAのサイト画面)

 今回の行政長官選挙は、香港の新選挙制度で行われた。一般住民が参加できない間接選挙で、業界団体など5分野から選ばれた選挙委員1461人が投票権を持ち、8日は1428人が投票を行なった。李氏は99.16%の得票率で、行政長官に当選した。李氏は7月1日に就任する。

 中国国営新華社通信は「愛国者による香港統治」の原則がさらに強固になると報じた。

◇参考情報

香港立法会、親中派が全員当選 投票率は過去最低