ニュースサイトの澎湃新聞によると、2021年7月12日、江蘇省蘇州市呉江区のホテル「四季開源酒店」が突然崩落し25人が死傷した事故で、江蘇省の事故調査チームが調査結果の報告書を公表した。

 事故は、ホテルの経営会社のオーナーが、建物の構造に影響を与える改造を行ったことが原因で起きたと結論付けた。オーナーは旅館業の許可を得ておらず、安全管理に責任を負う体制が整えられていなかった。蘇州市の各レベルの政府も、ホテルの改造工事の監督を怠った。

 調査報告によると、ホテルのオーナーら7人は送検され起訴済み。関連の公務員も、党・政府の監察機関に送られ取り調べを受けた。

 「四季開源酒店」は昨年7月12日午後、建物の一部が突然崩落。宿泊客ら17人が死亡、7人がけがした。

◇出典


https://m.thepaper.cn/baijiahao_17355735

https://www.rfa.org/mandarin/Xinwen/7-03282022122541.html


◇参考情報
ホテルの一部崩落 1人死亡7人の安否不明 蘇州