20220318 深中国メディアの中国青年網によると、広東省深セン市新型コロナ予防対策指揮部は17日、「ゼロコロナ」を達成したとして塩田や坪山など5区の封鎖を18日付けで解除すると発表した。路線バスと地下鉄も運転再開する。5区では出勤が解禁され、政府と企業団体、工場は再開できる。ただ「封鎖地区」、「監視地区」などに指定されている地区は、厳しい措置が続けられるという。(写真は東網のサイト画面)

 香港メディアの星島日報によると、深センを代表するメーカーで、台湾の電子機器大手、鴻海科技集団(フォックスコン)は一部が既に操業再開済み。5区の一つ、光明区で操業する香港企業の経営者も「傘下の工場はもう操業を始めた。封鎖式の管理は続いており、従業員は寮から出られない」と述べた。

 台湾の中央通信社によると、深セン市は14日~20日の予定でロックダウン(都市封鎖)を実施。フォックスコンは早くも16日に操業再開を認められたが、ごく少数の例外で、多くの企業と市民生活が大きな影響を受けている。 深センの企業経営者は「深センの政府がこれほど強い措置を行うことは、多くの人が予想していなかった。役人は市民生活や経済よりも、自分の地位を心配していると思われている」と述べた。

 2021年の国勢調査によると、深センの常住人口は1756万人。域内総生産(GDP)は中国の都市で第3位。中国の「一線都市」で初めてロックダウンに踏み切った。

◇出典
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1727565282368402308&wfr=spider&for=pc

https://std.stheadline.com/daily/article/2449320/%E6%97%A5%E5%A0%B1-%E4%B8%AD%E5%9C%8B-%E6%B7%B1%E5%9C%B3%E4%BA%94%E5%8D%80%E6%B8%85%E9%9B%B6%E4%BB%8A-%E8%A7%A3%E5%B0%81

https://www.cna.com.tw/news/acn/202203170406.aspx


◇参考情報
上海でコロナ感染拡大 入国者隔離ホテルから