上海市衛生健康委員会は14日、前日の13日に、新型コロナウイルスの市中感染者5人を確認したと発表した。17~26歳の男女で、うち患者2人、無症状感染者が3人。5人と濃厚接触者304人が隔離施設に収容された。

 同委員会によると、5人のうち男女4人は、上海市静安区愚園区にある喫茶店の従業員。女性1人は、海外で感染して帰国した無症状感染者の濃厚接触者で、喫茶店を利用した際、4人に感染したとみられる。

 国務院は、上海市の決定を受けて、上海市静安区愚園区の喫茶店周辺を、新型コロナウイルスの感染リスク等級で「中」に指定した。

 台湾の中央通信社によると、中国版ツイッター「微博(ウェイボ)」では、喫茶店が「霓裳茶舞ナイ(女へんに乃)茶店」などとする情報が飛び交っている。自宅隔離中だった女性が抜け出して、この店に立ち寄ったという。また、感染者のうち4人は、ワクチン2回接種済みだった。

◇出典

http://wsjkw.sh.gov.cn/xwfb/20220114/b7900830554b4f26abe3b233171a4cdb.html

http://wsjkw.sh.gov.cn/xwfb/20220113/0ff6bcf7c6544e0281c457d959f13372.html

https://www.cna.com.tw/news/acn/202201130388.aspx
天津市のコロナ感染者97人 発症者49人、無症状15人
天津でコロナ患者31人 津南区に「予防地区」指定