オランダ紙フォルクスクラントが11日、関係者の話として伝えたところによると、オランダ・オリンピック委員会が、北京冬季五輪に参加する同国選手団と同行者に対し、携帯電話やノートパソコンなどの電子機器を中国に持ち込まないよう注意を呼びかける方針だ。中国当局によるスパイ行為を避けるためという。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)などが伝えた。

 関係者によると、オランダ選手団と関係者は中国到着後、新品の電子機器を使う計画。中国の情報監視システムに個人情報を盗まれるのを防ぐためという。オーストラリアのメディアも昨年12月、北京五輪参加の外国人選手団は、行動と通信がすべて、当局による24時間体制の監視を受けると報じた。

 同委員会の広報担当者は「ネットワークセキュリティーは、中国に向かう場合、リスク評価の対象となる」と述べたが、同紙の報道内容に具体的なコメントはしなかった。 

◇出典

https://www.rfa.org/mandarin/Xinwen/9-01112022144025.html

https://www.reuters.com/lifestyle/sports/dutch-athletes-warned-keep-phones-laptops-out-china-media-2022-01-11/

◇参考情報
女子テニス、中国と香港で試合中止 彭帥さん問題で