2022年1月11日天 中国天津市のニュースサイト、北方網などによると、天津市政府は10日、新型コロナウイルス対策の記者会見を開き、8日以降、国内感染の新型コロナウイルスの新規患者を計31人、無症状感染者10人を確認したと発表した。患者は全員、同市津南区の住民。同市津南区全域を「予防地区」に指定し全区の住民全員に、外出自粛を求めた。(写真は東網のサイト画面)

 同市によると、8日に変異株のオミクロン株に感染した患者を確認。政府は緊急体制を始動し、全市民に天津を離れないよう命じた。また、1400万人を超える市民にPCR検査を開始し、10日午後3時までに、約962万人から検体を採取した。

 津南区のうち一部は、予防地区よりさらに規制が厳しい封鎖区と管理区に指定。封鎖区では一切の外出を禁止した。管理区では1世帯1人が2日に1回、生活必需品の買い出しのため外出だけが認められる。

 市政府は、津南区のうち辛荘鎮の団地「林錦花園」の1棟を、新型コロナの感染リスク等級で「高」、付近の集合住宅6棟を「中」に指定。これら各棟では特に厳しい規制が行われる。

◇出典

http://news.enorth.com.cn/system/2022/01/10/052235403.shtml

http://news.enorth.com.cn/system/2022/01/10/052235277.shtml

http://news.enorth.com.cn/system/2022/01/09/052230755.shtml

https://baijiahao.baidu.com/s?id=1721618167845413083&wfr=spider&for=pc

◇参考情報
コロナ新規患者、河南で64人 デルタ株まん延
コロナ新規患者の増加続く 陝西は1781人が治療中