22021年11月22日彭 台湾メディアの中央通信社によると、国際オリンピック委員会(IOC)は21日、トーマス・バッハ会長が中国の女子プロテニス選手、彭帥さんと約30分間、テレビ電話で会話したと発表した。彭さんは、平穏に暮らしていることを伝えた上、各方面が自身のプライバシーを尊重してくれるよう希望を示した。また、テニスは続ける考えも明らかにした。(写真はRFAのサイト画面)

 彭さんは11月2日夜、中国版ツイッターで、張高麗・前副首相と不倫関係にあったことを実名で暴露。その後、10日以上、行方不明となっており、世界に波紋が広がっていた。

 女子プロテニス協会(WTA)会長のスティーブ・サイモン氏は「全面的で公平、透明で、審査なしの調査が行われるべきだ」の述べた。国連が、彭さんが無事であることの証拠を示すよう求めたほか、米英仏の政府も相次いで、彭さんに声援を送った。

 テレビ電話には、アイスホッケーの元フィンランド代表で、IOC選手委員会のエマ・テルホ委員長、バドミントンの元中国代表で、IOC委員の李玲蔚も同席した。

 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、彭さんの消息不明に対する抗議の声が世界的に広がる中、中国政府系メディアは、当人の無事を示す写真を相次ぎ公開した。しかし、張前副首相との不倫関係に関する情報は、完全に封殺されている。

◇出典

https://www.cna.com.tw/news/firstnews/202111220006.aspx

https://www.rfa.org/mandarin/Xinwen/9-11212021155336.html

https://www.rfa.org/mandarin/Xinwen/2-11212021120342.html
米中首脳がオンライン会議 双方が平和共存関係を強調