米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、バイデン米大統領と中国の習近平国家主席は16日早朝(日本時間)、初めてオンライン形式で会談した。双方が両国の関係が、対立的でなく平和的であることを強調した。

 習近平国家主席は冒頭「米中は、相互尊重、平和共存、相互利益の関係にあり、ともに国際的責務を担うべきだ」と語った。さらに気候変動や新型コロナウイルス対策を例に挙げ「健全で安定した中米関係が必要だ。バイデン氏と共通認識を形成した上、中米関係を積極的な方向に発展させたい」と述べた。

 バイデン大統領は「米中は競争しても良いが、決して衝突に発展しないようするべきだ」と応じた。
 ロイター通信によると、米政府高官は「バイデン大統領は習主席に、責任ある大国としてルールの遵守を求めた」との述べた。

 この高官によると、バイデン大統領は、米国と同盟国の利益と価値観を守るため、米中関係にルールを設定することを目指している。ただ、今回の会談で大きな成果が挙がることは期待していないという。

◇参考情報
米中が外相会談、米国務長官が台湾問題で憂慮伝える
米軍が台湾で軍事訓練支援 台湾総統が初めて認める