22021年10月17日京 中国メディアの中国新聞網などによると、北京市気象台は、北京各地の気温が17日早朝、0度を下回ったと発表した。10月中旬に北京の気温が零下を記録するのは、1969年以来52年ぶり。今年最強の寒気が流れ込み、強風の影響もあって記録的な低温となった。(写真は東網のサイト画面)

 中国中央気象台によると、寒波の影響は16日に始まり、同日午前9時ごろ、山西、陝西、河北北部、東北地区で気温が零下となった。中国東北地区の吉林省の高地、天池では零下19度を記録。電力供給不足がさらに厳しさを増す恐れがある。

 台湾・中央通信社によると、東北地区は民生用電力の供給不足が継続。暖房用の電力需要が増えれば、状況の悪化は避けられない。住民は冬にも改善しないことを懸念しているが、ロイター通信は先に、中国の電力不足は来年2月の春節(旧正月)まで続くとの見通しを報じた。

 中国当局は、山西、内モンゴルなど産炭地に地域外への供給増加を促すと同時に、民間発電所に発電拡大を促している。石炭火力発電による電力の価格を完全に自由化すると発表。 江蘇省での電力取引価格が19.94%も上昇した。



◇出典

http://www.chinanews.com/sh/2021/10-17/9588492.shtml
https://www.hk01.com/%E5%8D%B3%E6%99%82%E4%B8%AD%E5%9C%8B/689477/%E5%AF%92%E6%BD%AE%E8%A5%B2%E5%A4%9A%E5%9C%B0%E5%90%89%E6%9E%97%E4%BD%8E%E8%87%B3-19%E5%BA%A6-%E5%8C%97%E4%BA%AC%E4%BB%8A%E6%99%A8%E8%B7%8C%E7%A0%B4%E5%86%B0%E9%BB%9E%E7%82%BA52%E5%B9%B4%E5%90%8C%E6%9C%9F%E6%9C%80%E5%87%8D?itm_source=universal_search&itm_campaign=hk01&itm_content=all&itm_medium=web
https://www.cna.com.tw/news/acn/202110170090.aspx