22021年10月15日微米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)などよると、米マイクロソフトは14日、ビジネスSNS(交流サイト)「LinkedIn(リンクトイン)」の中国事業を停止すると発表した。LinkedInの簡易版で、就職専門のプラットフォームに切り替えるという。(写真はVOAのサイト画面)

 マイクロソフトが14日、公式ミニブログに載せたコメンコメントは「中国版の運営は、インターネットに対する中国政府の要求を守るに等しい」「われわれは言論の自由を支持する」としており、事業停止は中国当局の管理強化が理由とみられる。

 米紙ウォールストリート・ジャーナルによると、中国当局は今年初め、マイクロソフトに対し、ネットワーク内のコンテンツに対する管理強化を要求。同社は、ジャーナリストが書いたものを含め、中国で禁止されているコンテンツを封鎖した。

 ロイター通信によると、LinkedInは中国事業から完全撤退するのでなく、求人プラットフォーム「InJobs」の運営を継続する。

 LinkedInは、米国のSNSでは唯一、中国での運営が認められていた。

◇出典

https://www.rfa.org/mandarin/Xinwen/8-10142021144940.html

https://www.voachinese.com/a/linkedin-to-close-in-china-20211014/6270974.html

◇参考情報
共産党員のフェイスブック利用厳禁、違反なら厳しく処罰