22021年10月15日吉中国メディアの新京報などによると、吉林省吉林市豊満区の住宅街「長江社区」で13日、道路に埋設されている暖房用の熱水供給管が破裂、激しく水を吹き上げた。道路脇の集合住宅では1階から6階まで、窓ガラスが割れるなどの被害が出た。けが人はいなかった。中国では、道路の熱水供給管が破裂し、通行人らが熱湯を浴びて死傷する事故がしばしば起きている。(写真は網易のサイト画面)。

 地元当局がまもなく、熱水供給管の修理を終えた。窓ガラスが割れた棟のほか、2棟でも家財が水を浴びるなどの被害が出た。また、付近一帯の路面が冠水した。熱水供給管の管理の不備が原因とみられる。中国東北部の吉林省は寒さが厳しく、厳冬期入りを前にした事故に、不安を訴える住民もいる。

 中国では18年11月、河南省鄭州市金水区の道路で未明に、暖房用の熱水供給管が破裂。付近の会社の寮にいた男性3人が熱水を浴びて死亡した。同年11月、陝西省西安市の街路で熱水供給管が破裂し、通行中の女性がやけどを負った。

◇出典

https://weibo.com/6124642021/KCylrt9rA?type=comment

https://www.163.com/dy/article/GMA3ILD30552BDDJ.html

◇参考情報
街路の熱水供給管が破裂 住民3人死亡1人けが 類似事故が各地で頻発 河南