22021年8月16日海 中国メディアの中国日報網などによると、福建省ショウ(さんずいに章)州市ショウ浦県の海岸で14日午後、砂浜で遊んでいた17人が波にさらわれた。周辺の住民らが救助活動を行ったが、11人が死亡した。6人は無事だった。当局が事故原因の調査を始めたが、専門家からは、海岸から沖に向けて強い流れが生じる「離岸流」にさらわれたとの見方が出ている。(写真は東網のサイト画面)

 目撃者らによると、17人は外地から訪れた20歳前後の若者。砂浜で海水に触れるなどして遊んだり、写真を撮るなどしていた。まもなく大波に襲われ、全員が海中に引き込まれた。十数分後には、全員の姿が見えなくなったという。

 当局が救助隊員330人とヘリコプター1機、救助船22隻を出して救助活動を行った。同日午後10時までに活動を終えたが、11人が死亡した。6人は命に別状はない。

 救助活動に参加した「アモイ曙光救助隊」の専門家は「事故は離岸流が原因かもしれない。そうでなければ10数人が瞬時にさらわれることはない」と話している。

 14日の事故を受けて、周辺のホテルやリゾート施設は、当局から一時休業を命じられた。

※出典

https://www.rfa.org/mandarin/Xinwen/4-08152021124304.html

https://www.cna.com.tw/news/acn/202108150178.aspx



◇参考情報◇