22021年7月7日麻台湾中央通信社によると、麻生太郎副総理兼財務相は5日、東京都内で公演し、中国が台湾に侵攻した場合、安全保障関連法に基づき、限定的な集団的自衛権を行使し、日米共同で台湾の防衛に当たることもあり得るとの認識を示した。(写真はRFAのサイト画面)

 中国外務省の趙立堅副報道局長は6日、定例記者会見で麻生副総理の発言について「極端な誤りで危険だ。中日の4つの政治文書に対する深刻な違反で、中日関係の政治的な基礎を損なうものだ」と厳しく批判した。

 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、台湾外務省の欧江安報道官は6日、麻生副総理の発言について、台湾政府は「理念が近い国と緊密に協力する。民主主義的な価値観とルールを基礎とした国際秩序を守るつもりだ」と述べ歓迎した。

※出典

https://www.cna.com.tw/news/firstnews/202107050299.aspx
https://www.cna.com.tw/news/aopl/202107060202.aspx
https://www.rfa.org/mandarin/Xinwen/wul0706f-07062021054622.html


◇参考情報◇