22021年7月6日滴 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、中国国家インターネット情報弁公室は5日、米ニューヨーク証券取引所に上場した、トラック配車サービス「満幇集団」と「貨車幇」、求人情報サービス「BOSS直聘」の3社に対し、新規アカウントの開設を停止したと発表した。同弁公室は4日にも、配車サービス大手の滴滴出行について、スマートフォンのアプリケーションストア各社にもアプリの削除を命じたばかり。(写真はRFAのサイト画面)

 滴滴出行は、米ニューヨーク証券取引所への上場直前に、アプリの削除が命じられた。同弁公室は、滴滴出行がアプリを通じ個人情報を違法収集していたことを問題視した。同弁公室は、3社に関する通知で「ネットワークセキュリティーの検査を実施し、その間、新規のアカウント開設を停止する」とした。

 滴滴出行のアプリ削除について、利用者から不満の声が挙がっている。湖南省長沙市の利用者は「かなり不便になる。スマホを新機種に変えればアプリをダウンロードができなくなる。頻繁な利用者の場合、溜まったポイントなどがどうなるのかも心配だ」と述べた。


★参考情報★
アリババに独禁法違反で罰金3000億円 市場予測下回る
テンセント創業者、独禁法違反容疑で当局が事情聴取か