22021年6月2日釘江西省省都の南昌市と、同省宜春市内の樟樹市を結ぶ拘束道路で5月30日、数十キロにわたり散乱した釘のため、車100台以上のタイヤが損傷する事件が起きた。けが人の情報はない。ニュースサイトの瀟湘晨報が6月1日伝えた。(写真は百度の画面より)
 
 江西交通放送のミニブログによると、高速道路はG60(上海~雲南昆明)の一部。現地の報道によると、5月30日午前3時~6時に、トラックから積荷の釘が落ち、約60キロにわたりばらまかれた。高速道路会社は午前7時に通報を受け、対応に着手した。

 樟樹市のサービスエリアでは、トラックや乗用車数十台がタイヤの修理を受けるため「部品・タイヤ修理センター」に並んだ。サービスエリアの関係者によると、被害を受けた車は100台以上。当局の手配で、被害車両は無料で修理を受けたという。

★参考情報★
ーーーーーー