米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)中国語版によると、中国国務院(中央政府)の「第7回全国人口調査指導チーム」と国家統計局は11日、2020年に実施した人口調査の結果、中国の総人口が14億1178人だったと発表した。過去10年間の平均人口増加率は0.53%で、2010年までの10年間に比べて0.04ポイント下降した。

 働き手となる15~59歳の「生産年齢人口」は8億9438万人で、総人口に占める比率は63.4%。10年前より6.79ポイント低下した。60歳以上の人口は18.70%で、10年前より5.44ポイント拡大し、高齢化が進んだ。

 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、同チームの副責任者の寧吉喆氏によると、20年の人口は10年に比べ7260万人増加した。過去10年間、中国の人口は低速ながら増加を続けた。