22021年4月22日特 台湾中央通信社によると、自動車展示会「上海モーターショー」の米電気自動車(EV)メーカー、テスラの展示場で、女性オーナーが「ブレーキが利かない」などと叫び、同社の対応に抗議した事件で、同社は20日夜、SNSの公式アカウントで謝罪文を掲載した。テスラは、女性の訴えが不合理だとして「妥協しない」としていたが、中国での批判の盛り上がりを受け、一転して謝罪した。

 謝罪文は「速やかにオーナーの問題を解決できなかったことに、深いお詫びの気持ちを表明する。最も誠意ある態度で、解決方法を求めたい」とした。

 中国共産党中央紀律検査委員会(中紀委)は、ウェブサイトで上海の事件を取り上げ、企業に法律を守り、消費者を尊重するべきだとする論評を掲載。企業に対し、消費者が権利上、合理的な要求をした場合、解決するよう求めた。国家市場監督管理総局も、事件へ注目を表明し、上海市などの下部機関に、消費者の権利保護を行うよう求めたことを明らかにした。

 香港のニュースメディア、東網によると、中国の一部の省・自治区・直轄市で、自動車保険会社の中国平安汽車保険が、テスラの新車について新規保険契約を拒否していることが分かった。継続契約についても、条件を厳しくしたという。メディアの取材にこの保険会社は「うわさ」として否定した。

 女性は19日、「ブレーキが利かない」の文言入りのTシャツを着てテスラの展示場に現れ、ルーフ登ってこの文言を叫ぶなどした。女性は警察に連行され、公共の秩序を乱した罪で5日間の行政拘留を命じられた。

★参考情報★
ーーーーーー
テスラ車の欠陥非難し女性暴れる 上海モーターショー
テスラが絡む事故頻発 突然加速の疑いも原因不明