22021年4月1日高 広東省南西部の湛江市遂渓県は3月30日、最高気温が35度を記録し、今年初の高温警報を発令した。2006年以降、最も早い発令となった。広東省気象公共サービスセンターによると、4月4日の清明節の連休前、同省の一部は33度となる見通し。香港のニュースサイト、東網が31日伝えた。(写真は東網のサイト画面)

 遂渓県では30日午後2時45分に高温では3段階で一番低い「黄色警報」を発令した。広東省では珠海市、深セン市でも気温が上昇。深セン市では30日、3月としては史上2番目の30度を記録した。

 深セン市の3月以降の平均気温は21.5度で、直近5年間の平均より1.8度高い。同センターによると、広東省では4月2日まで、大部分地区で空気が乾燥し、森林火災が起きやすくなる見通しだ。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
中国雲南各地で干ばつ深刻化 一部で給水停止も