22021年2月03日諾
 江西省萍郷市の萍郷経済開発区にある、私立の小中高一貫校であるの萍郷実験学校で1月30日、生徒156人が吐き気や腹の痛みを訴えて病院で受診し、うち86人が胃腸炎と診断された。市当局は調査の結果、ノロウイルスの集団感染と断定した。ニュースサイトの北青QNewsが伝えた。(写真は同校のサイトの画面) 

 1月31日現在、生徒39人が入院中だが、重症者は出ていない。生徒の7人からノロウイルスがみつかった。市当局は、学校の食堂を封鎖して食品などの検査を進めている。保健当局は全校の生徒と教職員に、3日間の自宅待機を命じた。食堂やトイレ、生徒がもどした場所などの消毒も進めている。

 中国ではノロウイルスの集団感染がしばしば発生。昨年11月には、福建省福州市の中学校で生徒30人以上が感染。昨年7月には、北京市朝陽区のマンションで住民52人が水道水を経由して感染した。


★参考情報★
ーーーーーーー
北京のマンション住民52人がノロウイルス感染 水道が原因か