台湾北東部の宜蘭県沖で10日午後9時10分ごろ、マグニチュード(M)6.7の地震が起きた。震源地、宜蘭県沖27.2キロの台湾東方海域で、深さ76.8キロ。同県のほか、台北、新北、桃園、台中、新竹など中部以北の各市県で、震度3~4の揺れを観測した。けが人の情報はない。中央通信社が11日伝えた。

 台湾の在来線と新幹線、台北や桃園のMRT(地下鉄・高架鉄道)が一時列車の運転を中止。線路の安全を点検後、減速運転で運行を再開した。

 労働部職業安全衛生署は11日、足場や掘削した穴の崩落、クレーンの横転などの恐れがあるとして建設業者に点検を指示した。

★参考情報★
ーーーーーー
台湾・花蓮大地震の死者9人に、米国務省が支援表明